Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04


Is it safe?

最近こちらのクラブのフォーラムに Wills Wing のテストパイロット Mike Mayer 氏の論文が紹介された。
元は約2年前の記事(大元は20年前だが)で、日本ではOpaのサイトに抄訳が掲載されていているのでリンクを貼っておく。目に触れた方も多いと思うが、まだ読んでない人も読んでから時間が経ってしまった人も一度目を通して欲しい。

なぜ安全なものを正しく扱えないのか

トピックはハンググライディングについてだが、訳注にて保呂田さんが指摘されているように翼の種類を読み替えるだけでパラグライディングについても当てはまる。

スポンサーサイト

French Competitions in 2018

来年のフランスの大会が2つ予定されているのでメモ。
この他にどこかで French Nationals も開催されるはず。

1.Southern Alps HG Open

ララーニュ (Laragne)、サンタンドレ (St André-les-Alpes)
クラス1、クラス5
5/5 - 5/13

5/5 ララーニュ レジストレーション
5/6 - 5/8 Laragne で競技
5/9 サンタンドレ レジストレーション
5/10-5/13 サンタンドレで競技
前半、後半のいずれかだけに参加も可能


2.4th Southern ALPS Big Task

アスプル飛行場 (Aspres-sur-Buëch)
クラス1、クラス5、クラス2
8/11-8/19

8/11 レジストレーション
8/12-8/18 競技
8/19 表彰式

German Flatlands( が8/11 終了と日程がかぶるのでドイツ、オーストリアのパイロットは来ないかも。。
British Nationals はララーニュ8月後半で調整中で、こちらは2連戦が可能?

Namibia 2017-2018

Final glide

グライダーのローパスやファイナルグライドのビデオは沢山あるけれど、個人的にはこれが1番。
パイロットは Sebastian Kawa。

対地100mでターンしてから4kmのファイナルグライド、最後がまたすごい。
途中でラクダに遭遇しているのがタイトル。探してみて下さい。
尚、サブタイトルは「We did it for you. Don't try it home...」






ランディングを地上から。



Wave lecture

ニュージーランドのオマラマでのウェーブのレクチャー。
英語だけど、とても分かりやすい。




(注:34:40 辺りからのウェーブ層が反時計回り(左)に偏向しているという解説は、北半球では逆になる。)


プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索