Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


日本 空域ファイル update

日本の空域ファイルを更新しました。

本バージョンは現在 AIS Japan で示されている FL200 以下の空域をほぼカバーしている、一応完成版となります(基本的にFL200以上はウェーブ以外のソアリングフライトでは到達しないので省略しています)。
具体的な変更点は以下の通りです。

* Included in this update:
* Added ACA: Fukuoka Hakodate Hiroshima Iwakuni Iwoto Kagoshima Kumamoto
* Miho Misawa Nagasaki Naha Oita Okadama Sakishima Tokushima Tsuiki
* Added TCA: Fukuoka Kagoshima Kumamoto Nagasaki Naha Tsuiki
* Added TRAINING TEST AREA FOR CIVIL AIRCRAFTS: Hokkaido(HK)
* Kyushu(KS) Chubu/Kinki(CK) Shimojihsima(SM)
* Added LOW ALT TRAINING/TESTING AREA FOR JSDF AIRCRAFT: Areas 5--9
* Added HIGH ALT TRAINING/TESTING AREA FOR JSDF AIRCRAFT: all areas
* Added OTHER AIRSPACES on AIP ENR 5.2.3-: Null
* Added NUCLEAR FACILITIES AIP ENR 5.3.2.4
* Added GLIDING FIELDS
* Correction:
* TTAFCA KK-3-1 & KK-3-2 upper limit
* Area name R-104
* Changed High/Low altitude JSDF Training Area names to "JSDF x-x"

Gliding fields (滑空場)は日本では AIP でカバーされていませんが、滑空協会にリストがあったので、座標を「適当に」拾ってファイルに含めました。各滑空場の空域は海抜高度+1500-2000ft、半径 1NM、Class G と設定しました。本ファイルは各滑空場の基準点の正確な位置などは必ずしも拾っていないので、滑空場へアプローチするためのマップとしては使用しないでください。

Nuclear facilities は AIP に座標だけ示されていますが、空域のサイズは作成者の一存で基準を設定しました(最大で 海抜高度+2000ft, 2NM, Danger Area、詳しくはファイルヘッダーを参照)。

この辺のAIPで未定義の設定はご提案があれば変更も検討いたします。
主にハング、パラ用の select バージョンには Nuclear facilities と Gliding fields を追加しました。
必要に応じてお使いの機器、ソフトウエアでクラス毎の表示/非表示の設定をするか、もしくは空域ファイルを編集してください。

決まり文句ですが、ファイルの使用は自己責任でお願いします。

ファイルが表示は SeeYou、 XCSoar で確認しています。
間違い、不具合などを見つけられましたら、本コメント欄またはファイル中記載のアドレスまでメールにてご一報ください。


Japan Airspace 201806

Japan Airspace 201806 select





Japan airspace openair file

Openair フォーマットの日本の空域ファイルを改訂しました。
以前は本州の東半分しかカバーしていませんでしたが、今回はAIPに掲載されている空域は全てカバー対象となっています。ただしまだ掲載されていない空域も有りますので、詳細はファイルの冒頭にある説明(英語)を読んで下さい。

今回の主な変更点は以下の通り。

CTR:全国カバー
PCA:全国カバー
制限表面:全国カバー
Restricted area / Danger area : 全国カバー
ターミナルコントロールエリア(TCA)・進入管制区(ACA):千歳と関西を追加
VOR/DME/TACAN:削除

これで通常のソアリングフライトをするための最低限のエアスペースはほぼカバーされているものと思いますが、正確性・完全性は保証しておりませんので、ユーザーの自己責任においてご使用下さい。


完全版

通常のフリーフライトには関わらないものも含め、全ての空域を含みます。前述のようにまだ掲載されていない空域がありますので注意して下さい。

フライト用

フリーフライト用に空域の種類を絞ったバージョンです。TCA、ACA、民間訓練試験空域(TRAINING TEST AREA FOR CIVIL AIRCRAFTS) 、自衛隊訓練空域(TRAINING/TESTING AREAS FOR JSDF AIRCRAFTS)等は含んでいません。
このバージョンに掲載されている種類の空域については、全国をカバーしたのでこれ以上の追加はほぼ無い予定です。
なお、このファイルに含まれない空域は自由にフライトして良いという意図はありませんので誤解のないように申し添えます。予定する飛行経路において通過する可能性のある全ての空域については完全版のファイルを SeeYou などで、あるいは航空区分図で確認し、それらの空域への進入の可否についてフライト前に確認、当局との調整など行って下さい。

完全版
AS_Japan_1.png

フリーフライト用
AS_Japan_2.png


Is it safe?

最近こちらのクラブのフォーラムに Wills Wing のテストパイロット Mike Mayer 氏の論文が紹介された。
元は約2年前の記事(大元は20年前だが)で、日本ではOpaのサイトに抄訳が掲載されていているのでリンクを貼っておく。目に触れた方も多いと思うが、まだ読んでない人も読んでから時間が経ってしまった人も一度目を通して欲しい。

なぜ安全なものを正しく扱えないのか

トピックはハンググライディングについてだが、訳注にて保呂田さんが指摘されているように翼の種類を読み替えるだけでパラグライディングについても当てはまる。

French Competitions in 2018

来年のフランスの大会が2つ予定されているのでメモ。
この他にどこかで French Nationals も開催されるはず。

1.Southern Alps HG Open

ララーニュ (Laragne)、サンタンドレ (St André-les-Alpes)
クラス1、クラス5
5/5 - 5/13

5/5 ララーニュ レジストレーション
5/6 - 5/8 Laragne で競技
5/9 サンタンドレ レジストレーション
5/10-5/13 サンタンドレで競技
前半、後半のいずれかだけに参加も可能


2.4th Southern ALPS Big Task

アスプル飛行場 (Aspres-sur-Buëch)
クラス1、クラス5、クラス2
8/11-8/19

8/11 レジストレーション
8/12-8/18 競技
8/19 表彰式

German Flatlands( が8/11 終了と日程がかぶるのでドイツ、オーストリアのパイロットは来ないかも。。
British Nationals はララーニュ8月後半で調整中で、こちらは2連戦が可能?

Namibia 2017-2018


プロフィール

kosaka

Author:kosaka

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索