Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月27日:足尾 大ーきなすり鉢フライト

晴れ、西風。朝のうち南より、のち北向き。雲底2900m。

西LDがなくなっても相変わらずの西風ベース、朝はかなり南っぽかったので、今日も板敷デーかと思いましたが、、、。

条件的には大して期待していなかったのでしばらく下でのんびり。昼前に雲もでき始めたのをみて、ようやく登頂開始。テイクオフに着くと、なにやら先週と同じように雲が日光方面に連なっています。冬型?理由が良く分からないまま、でもとりあえず思ったより良さそうなのでそそくさとグライダーをセットアップ。一応今日のサーマルトップは地上気温28度で 1800m ぐらいの予想です。13時12分、Sぴー、Tよたに少し遅れてテイクオフ。
思ったよりも北成分が強く、荒れ気味の割にはなかなか上がらない。南側の尾根筋にはりつき、2度ほど降りそうになりながら、なんとか持ちこたえる。1度目のピンチではS戸やんが降り、2度目のときにはSぴーが沈んでいく。1時間ほどもがいた頃に、辺りにも雲ができ始め、それと共にようやくCooの南で1200m まで上がる。北西風 20-25km/h ほど。テイクオフ近くまで戻ってさらに2発使って 1300m、やっと加波山に向かえる高度を確保する。加波山には雲があったがやはりサーマルは 1300m どまり、アゲンストの中を次の雲を目指して雨引にグライド。弱いリフトラインになっていて思ったよりも高く鉄塔に到着、900m。そこで弱いサーマルを引っ掛け、尾根沿いに戻るようにがんがん流されながらしつこく追い続けて1750mまで上昇。やっと抜けた感じがあるが、まだまだ雲底は上。周囲の雲の様子をみて、一番まともそうな加波山を試しに行く。すぐにサーマルにヒットするが、上がりはやはり弱く、これもしつこく追いかけて、北西風で5km近く流されながら遂に雲底 2900m。こんなに上がる予定は全くなかったんですけど。ヘルメットのバイザーを、夏仕様で今朝外したばかりなのに、、。既に時刻は15時過ぎ、風も強いし、今から遠出するのは厳しそうだなあ、ということで、基本的に足尾のすり鉢の中で飛ぶことにする。笠間ジャスコ-岩間-真家まで気持ちの良いワングライド(33km, L/D 25)、1500m から 2000m まで返して千代田石岡ICを 1900m 弱でとり、朝日峠付近の雲の下に戻って1500m から北北西風の中を何度か切り返しながら、土浦北ICの北西 3km ぐらいのところで 2600m (16:25)。筑波大を 2400m でクリアし、そのまま何となく雲伝いに大きく西のグランド経由で筑波山に戻る。筑波山より北、真壁より東はオーバーキャスト状態、でも雲のふちはコンバージェンス性なのか、高度が落ちない。筑波山 1700m で2周ほど不必要な探りを入れるが、あとは一度も回さずに雲の境目あたり、平地の上を北にグライドする。途中はまったく落ちるどころか1800m まで上昇。北上するほど北風が強くなり、建設中の北関東道岩瀬ICでリターンする頃には 30km/hほどの北風。1250mでリターンすると、対地 90-110km ぐらいでしかも雨引を過ぎるとガンガン上がっていく。結局1450mぐらいまで上げられて、しかも山を越えて八郷盆地側へくるとやたら荒れている。しかし、下をみると丸山の風車は普通に東を向いて回っており、パラもハングの初級機も普通に飛んでいる。うーん、と思いながらとりあえず柿岡まで出て高度を降ろしに行き、NASA付近に戻ると、もう17時30分を回っているのにリフトもあってかなりグライダーが暴れる。シンクを見つけては無理矢理高度を落として、数分後にようやくランディング。最後まで北風が強くて気が抜けないランディングアプローチだった。筑波大から柿岡折り返しまで、54km, L/D 29(筑波の2周含む)。
結局大きなすり鉢の中を、大きく外回りで八郷一周。今日は何でこんなに良い日になったのか、よく理解できません。地上天気図をみると、昼にエリア付近を低気圧が通過、というより発生したと言うほうが正しいでしょうか。北の前線が近かったので、沈降性逆転層がないのは分かるのですが、ただ不安定なら積乱雲になっても良さそうですが、、、。
N籐先生、解説希望します。

何にしても、今年は3月でオワリだと思ってましたが、5月に入ってコンディションが息を吹き返したかのようです。やっぱり乾燥している西風が良い、ということでしょうか。

今日のフライト 98km


070527.jpg


15時の天気図
20070528000050.gif

スポンサーサイト


Comments

海より手前だし
明星は海より手前だし、TOからは20キロちょっとと結構近いです。
大山-韮山(今は伊豆の国市だっけ?)が50Kmなんで、往復したいんだけど、チャンスを掴めません。11時に飛んでればチャンスも増えるんだが。。。
箱根は特に御殿場側のランディングオプションが乏しいのと、海が近いのとで、ついつい弱気になります。まあ道場破りのK坂さんならさくっと回ってしまいそうですが。
そのエネルギーを
ちょっとでもこちらに来るのに向けたらいいのでは?
でも、この時期はそっちの方が魅力的かも。
この日に限っては丹沢にしてれば20kmで済んだのに。。。

>Yもとせんせい
金時まで行ったなら、ついでに外輪山一周とか、無理?
明星まで行ってきても実は60kmちょっとしかないのが、ちょっと驚き。
そんなに近かったっけ?
ちなみに 僕は日水日で500km×3=1500km。(ハングとは限りません)  ふんっ。

あぁ 負け犬の遠吠えだな。。

N藤先生の気象解説 伺いたいですねー!
もっと良かったかは怪しいが
塔ヶ岳で3300m、やっぱり北西が10mくらいは吹いていました。
サーマルの高いところに乗っかったみたいで、自分の下に円形の雲が出来始め、上に円筒状に伸びて、上がふたされ、下が閉じ、でも自分の周りはクリアなまんま。サーマルで窪んだ雲底につくことは良くありますが、雲のボールの中に入ったのは初めてでした。
そのあと、丹沢山、蛭ヶ岳、檜洞丸と裏の山を一通り飛んでから、霞に沈んだ箱根に渡りました。明星ヶ岳の東面で2600mまで上がったので丹那までは届きそうでしたが、確実にそのまま突き刺さる雰囲気だったので、MLに戻りました。
>himioさん
いやいや、昨日はガチガチのすり鉢ですから。全然冒険してません。
丹沢はもっと良かったみたいだし。

>matuさん
もちろん、降りてしまう場合のことは常に考えてますよ。ソアリング確率と天秤にかけて、降りるリスクを必要以上に高くとらないようにはしてるかも。飛んでる間は、西には降りたくないので東よりも集中してますね。
西に降りるなんて考えないのでしょうね。  同じ固定翼でも別次元の人みたい。
先週に引き続き今週もかい。 

まったく あなたって人は。。

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。