Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月12日:足尾 飯田ダム-富谷山-トステム-NASA

11日はやはりど強風で夕方まで待つも飛べず。12日は高気圧が張り出してきたが、思ったよりも張り出しが弱かったのか終日西風ベース。エマグラムによれば500-800mに強力な安定層、そこを抜けるとトップ1500mだがブルー、さらに抜けられれば1800m以上で積雲ができる予想。12時の時点では関東平野の西の方、足尾から30kmぐらいのところには高い雲があるがあとはブルー。13時を過ぎて北東方向笠間の奥にしっかりとした積雲、14時過ぎには八郷盆地北側から高峰のエリアにもぽつぽつとでき始める。

今日は東に飛んで、100kmも行けると踏んでいたのですが、ブルーの上に西風が残っているとあっては敢え無く断念。それでも50号を越えればコンバージェンスで風が弱まって遊べるのではないかと踏んで、とりあえず高峰の北西の雨巻山に渡るという取り決めで飛びました。12時ごろにHしさん、Mもとさん、S戸やんが出てステイしているのをみて私も続き、Sゲトとからんで750mまで上げる。Sゲトの旋回スピードに合わせていたら、1周平均12秒でクルクル。目が回った。加波に渡って+2m/sで1300mまで上げる。800-900mの安定層の上は西風が20km/h+とやや強め。高峰の奥?にかすかに雲はあるが、突っ込むには1500m以上欲しい感じ。下にYもとさんもやってきたので上がってくるのを待つ。ところがこの後しばらく安定層を抜くことができず30分ほど加波-燕近辺を這いずり回る羽目に。雨巻はとても無理そうだ。13時過ぎには笠間の北の雲がしっかりして来て、板敷でも上がっているのが見えたので、燕の山際を上がってきたリフトを引っ掛けながら900mぐらいでS戸やんと共に山裏に流す。リーサイドで荒れ気味ながら、使えるリフトは全て拾って1100mまで上げて板敷に向かい、割と直ぐに素直な+1.5m/sをヒットして1600m。S戸やんは吾国山で少し低くなってあげ返すのに苦労している。私はそのまま北東方向笠間にグライド。市街地上空900m弱で+1.5m/sをヒット、2kmほど流されて1300mまで上げる。西風は相変わらず20km/h以上吹いており、帰れるかどうかかなり不安。雲はもう少し北側なので、飯田ダムを越えた尾根の先まで入り、雲の下に入ったところで800mでヒット、一度コアをずらしたところで+3m/sとなり、一気に2050mまで(13時45分)。下の方にYもとさんらしきATOSが笠間からかっ飛んでくるのを発見。上げづらそうな雰囲気だ。さて、雲底高度付近は西北西が30km/hで吹いているようだ。雲のラインは西北西-東南東だが、風上方向は5kmも行くと雲は終わり。南側は完全にブルー。このアゲンストでは真っ直ぐにリターンしても難台山も越えられない。足尾に帰るには2つの選択肢がありそう。
1.コンバージェンスラインを行けるだけ風上方向に進んでから南下。
2.ラインにとどまり、ラインが南西方向に動いて八郷に近づくのを待つ。
2の選択肢を取るほどの辛抱強さはないので1.を選択。北西に3km進んで次の雲の下につけて本日最高の雲底2200m。さらに3km西進して次の雲がラインの端っこで2100m。西の方をみると、高峰から西側が積雲ができ始めて条件が好転している雰囲気だったので、アゲンストで届くかどうか不安を抱えながらもグライドをかける。しばらく進みが悪いが、1700mを切ったあたりから風速が少し落ちて前に出るようになった。雲はないがリフトラインになっているらしく、思ったよりも沈下が少なくて助かった。仏頂山の手前からシンク帯になるが、高峰1000mで到着し、+2m/sをヒットして1700mまで復活。ここからグライドをかけてもNASAには帰れるような気もしたが、最後がリーサイドのグライドになるのが気になったので(実際には板敷で上げ返せたと思う)もう少し西側からアプローチして加波山にとっつきたいと思い、高峰TOを越えてさらに西進。積雲があったのだがここは振られてしまい、なし崩し的に富谷山へ向かう。この辺も丁度積雲が出来ていて、地表の煙の方向もまちまちなので、上がりそうな雰囲気はある。富谷山を越えて650mまで下がったが弱いサーマルをヒット、ゆっくりと850mまで返して少し西にずらし、今度はしっかりとしたコアで1650mまで。南下して雨引西の小山の上で1480mまであげ直し、ちょっと西の平野を探ったが下がったら渋そうなので無理せず、トステム経由で足尾にもどり、ちょっと上げなおして東にリターンしてNASAに15時20分ランディング。

帰れて良かった。

Sゲト、Yもとさん、S戸やんは惜しくも笠間の雲で上げ返せず。足尾付近は私が離脱した後ブレイクして、トップ1500mぐらい。
この3連休やっとまともに飛べました。それにしても日光起点のコンバージェンスライン、今年は北に寄り気味で足尾から遠いです。暖冬で大陸の高気圧がすぐに弱って南に下がってしまうため、西成分が押し気味のパターンになっているような気がします。
でも、こういう年は3-4月ぐらいに水戸で3000mの日がありそうな予感もします。

今日のフライト 64km


070212.jpg

スポンサーサイト


Comments

登録処理が悪かったみたい
IGC登録時に表示されるテイクオフ・ランディング時間を自分で修正すればよかったようだ。とはいえ面倒くさいぞ、HOLC。
HOLC、20秒しか飛んでない
ことになってますね。これはさすがに直したほうが良いんじゃ?ところで先日何気なくHOLC Infoのページを見たら、DHVと色々あるみたいで、このままだと今年で終わりっぽいですね。FAIがSeeYouのNaviterと組んで自前の似たようなコンテスト作るらしいんで、その辺の絡みがいろいろあるんでしょう。
似たようなルートなのに
笠間で私より+100、さらに最初落ちずにうまくグライドしてますね。
飯田ダムでもっと北だよなあと思いつつも、ちょっと低くて突っ込めず、Sゲトに引っ張られてあっちゅうまにランディング。
こういう体験がまた低く山に突っ込む癖を呼び起こすんだよなあ。
しょぼいログですがHOLCに置きました。(なぜか0.17Km、別にいいけどね)
IGCファイル
置いときます。

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。