Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月10日:足尾

前日は南岸を低気圧が通過し、結構な雨量。今日は西高東低だが地表は結構湿っていて雲底も低め。最高気温は13度台。寒気が入ってくるのも遅めの予報。

ということで、条件が良くなるとしても西に13時過ぎだなあ、と読んでエリアに向かいました。しかし!何故かTOレベルは無風から東が吹いていて、パラは既にソアリングを始めています。少し焦ったものの、午後は西に変わると信じて登頂。
グライダーを組み終わると12:30、やはり西が入り始めたがかなり弱い。東の八郷盆地側はすっかりオーバーキャストになっていて、高いところをキープできているパラだけが生き残っている状況になっている。ハングも何機か東に出たが、皆降りてしまった様子。雲底は1200mぐらいか。西側は日照ばっちり、北の方にはいつものように宇都宮-益子-笠間のあたりに1本コンバージェンスが見え、さらにTOからほぼ真正面、栃木市のあたりからも筑波に向かってラインが発達を始めているのが確認できる。12:30の時点ではラインの先端はまだ鬼怒川の向こうにある。13時頃、まず西の先頭を切ってHしさんテイクオフ。加波方向の山陰に消える。しばらく待っても見えてこないので、浮いていられるなら大丈夫だろうということで準備を始め、13:20にN籐さん、私、Sぴーの順にATOSが続けて出る。この頃には、栃木市のラインは鬼怒川を越えて下館に近づいて来たが、まだちょっと遠い。下層は対流が弱くて苦労したが、最初に私が抜け、900mまで上げて加波山へ移動し、1250m雲底近くまで上げて、雨引へ。鉄塔の少し先に浮いているパフの下に700mぐらいでつけるが、ステイはできるものの上がりそうな様子はない。ここまでの様子から今日は高度を下げるのは得策ではないと判断し、加波に戻る。しかし加波の斜面では全くの空振り、そのまま南下してテニスコート尾根の先端まで行き、250mまで下がったところでようやく当たった。ここで14時過ぎ、相変わらずこの辺で調子良く上がっているグライダーはなし。西方向を見ると、先程のラインはますます発達を続け、下館を越えて先端は真壁の向こうあたりまでやってきた。このラインがここまで届けばこの辺もリフト帯に入ると読んで、きのこ山(Coo西TO)辺りでひたすら辛抱。サーマルトップは最初500-600mだったが、20分ぐらい経ってようやく800mを越え、ついにきのこ山にも積雲が出来た、と思ったら+3m/sで上がり始めて14時40分1300m雲底につける。すぐ北側の雲底は100mほど低くなっており、コンバージェンスのステップクラウドであるのが良く分かる。後はコンバージェンスを頼りに西に進み、桜川の滑空場上空で1000mぐらい、しかしこの辺で雨が降ってきた。それほど強くはないので、南側をかすめるようにもう少し西進するが、小貝川まであと2kmぐらいのところで高度が下がり始め、800mを切りそうだったので、時間を考えて低くならないうちにリターン。この高度ならL/Dで西ランに届くという計算だったが、帰りは徐々に上昇しながら進む状態となり、筑波山頂に15:05分900mで余裕で到着。ここで多分今日のラストサーマルと思われる+2m/sで雲底1300mまで上げきって、あとは弱いリフトが残る、ほぼ静大気の中をパープルまで行き、折り返してNASAまで真っ直ぐ。15:30ランディング。
日没が迫っているので急いでグライダーをたたむ。

冬場の足尾はコンバージェンスを使えるかどうかでフライトの質が大きく変わります。期待していた通りにラインが形成してくれないことも良くありますが、逆にこの日のように一回乗ってしまえば一気にフライトのスケールを大きくすることもできるので、ラインの観察と読みはこの時期のフライトで最も重要だと思っています。

今日のフライト 47km

061210.jpg

スポンサーサイト


Comments

おっ!
>Mうら
ひさしぶりだねー
相変わらず働きづめですか?うさぎ元気?

もっとリアルにフライトを想像したくなったらGoogle Earth用のトラックとかも作れるから、こっそり連絡してくださいな。

>himioさん
もうすぐ今年も終わりそうな訳ですが、、、、
今年の秋以降は西富士が調子良さそうですよね。寒そうだけど。
大会は、まだ思案中。。。
羨ましい
どうも、お久しぶりのM浦です。
読めば読むほど、景色が頭の中に浮かんできて
もうたまらん ってかんじです。

ちょこちょと見に着ますので、更新続けてください。
では。
素晴らしい技術と判断力。 すげー。 流石。。

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。