Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月19日:足尾

期待通り?の良い条件となりました。自分が飛んだ日としては、初めての夏らしい空。
風は相変わらず南っぽいものの、昨日に比べると大分弱く、テイクオフも問題とはなりません。そこら中積雲だらけで、いかにも上がりそうな感じです。しかし、何故か12時頃までは飛んだ人は殆どぶっ飛びで、水色のパラ1機のみが700mぐらいでステイしているだけ。
私は12時11分テイクオフ。サル壁で+2m/sにヒットし、条件がブレイクしたかと思いきや、720mで打ち止め。一緒に回っていたKたのやFーみんはもう少し低い高度で前のほうに次のリフトを探りに移動開始。どうもこのぐらいの高さに一つ壁があるようだ。他に高く上がっている機体はまだない。この日のタスクはとりあえず下妻ジャスコ-雨引-NASAと宣言していたので、まずは筑波にとりつくべく南下してみる。雲が一応サル公園方面に連なっていたのでその下をゆっくりなぞって進むとあまり高度落とさずに560mでサル公園到着。しかしコツコツとはくるもののトータルでは高度維持も厳しい。一旦仕切り直しをしようかとTO周辺を振り返ると、そちらもタレ周期に入っている模様で低く帰っても勝算は薄い。F-みんもその中でもがいていた模様。どうしようか、、と迷っているとイーストジャパンから飛び出したタンデムパラが南東の尾根先低いところで回り始めた。高度はキープできているようなので、いざとなればモーパラに降りる覚悟で400mでかぶさると、小さいながらも何とか上がれそうなリフトに当たる。安定してくるとぱっとしない強さだが、とにかくしがみついていると10分かかってようやく雲底近く1100m。ここからまた雲のライン沿いに筑波山のやや東よりのルートを南下する。駐車場の北東で上げ返して950m、南風の影響を考えると下妻へは少しでも南寄りのルートで発射したかったのでもう一つ南の雲を試しにさらに南下。しかしこれがノーヒットで気まずくなり、駐車場に着いたら600mを切ってしまいそのまま北側リーサイドへこぼれる。幸い割とすぐに荒れたサーマルを引っ掛けて800mまで上げ返し、今度は筑波山に取り付くが、上に具合の良さそうな積雲が出来ているのにあがらない。またじりじり下がってきたのでやむをえず駐車場方面の雲を狙うと、今度はヒット。相変わらず上がりは悪いが途中で止まらずに何とか雲底1200mへ到達。既に1時間たってしまった。この時間辺りから山沿いの条件が良くなってきたみたい。自分は筑波山の南の沖の雲のつながりを辿るようにようやく下妻方面へグライド開始。しかし、小貝川より西側はかなりブルーになってしまっていて下妻はこのブルーエリアに入っていかなければならない。タスクミスですね。。でも宣言した手前途中で変更するのもしゃくなので、そのままグライドする。ちょこちょこっとトータルで200mぐらい上げなおしてジャスコ550mでクリア、東側の集落まで戻って440mで弱々しいリフトを引っ掛けて670mぐらいまで戻す。とにかく3kmほど東にあるストリートに乗れれば展開はかなり好転するのだが、その後も明野の西で650m程度しか上がらず、その先北フォロー方向はランディングが厳しそうなゾーンに突入してしまうので一か八かで東に突っ込む。。。。だめでした。真壁の滑空場のはじっこにこっそりランディング。1時間45分。

西の平野がブルーっぽくなってしまったのはどうも筑波山系とその東側の対流が活発になってしまったためと想像されます。北西方面にも雲頂の高い雲が見えたので、おそらく日光方面も対流が深まっていたと思われます。私が降りてしばらくしたら、テイクオフ-真壁にかけてシャワーがみえ、雲底も一気に700m以下まで下がってしまいました。こういう日にブルーエリアに勇気を持って突っ込んでも、私の力では99%の確率で途中で降ってしまいます。
今日の正しいタスクは、竜神-高峰-NASAとか、益子 O&Rぐらいだったかなあ。

今日のフライト 37km



060819.jpg


PS 滑空場でグライダーをやりに来ていた方に話を伺ったのですが、今年の4月17日に板倉滑空場からウエーブフライトで1200kmの記録が出たそうです。ログが載っている冊子を見せていただいたのですが、盛岡を越えて岩手山の先まで到達してました。いやはや。
スポンサーサイト


Comments

長野か朝霧?それにしても、この一週間、足尾が一番条件が冴えなかったような気がするな。
8月20日(日) とあるエリアで、Y本センセイにコテンパンにやられました。 詳細はセンセイご本人から伺って下さい。。
やはり、足尾へ稽古に行かねばなるまい!
トーイングでも
ハングでウエーブアタックするなら氏家から上げてもらうという手もありますよね。どっちのやり方も時折話題に上るんですけど、なかなか実行に至っていません。VRとモーターハーネスの組み合わせはスペック的にかなり強力なので、興味はあります。誰かチャレンジしてくれないかなー(他人頼み)。
1200キロ
板倉の1200キロはすごいけど、背中にモーターがあるから、ウェーブの入り口までいけるわけですから、来シーズンはモーターハーネス併用でいかがでしょうか。

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。