Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


5月31日:足尾 

こないだの週末は飛べなかったし、来週末から出張でしばらく間が空きそうなので、今日は休みをとって飛んできました。で、エリアに足尾に着くと風は西でしたが、そのうち変わるだろうということでとりあえずグライダーを組んで待つことにしました。ちょっと遅れてS戸やんも登場。で、12時過ぎても風は変わらず、むしろ風速が増してきたような雰囲気もあります。雲は笠間方面にちょっとだけあるものの、エリア周辺は完全にブルー。西はランディングが確保されていないので、この条件ではあまり気が進みませんが、東を待つのも面倒なので西に飛びました。12時半ごろS戸やん、私と続けてテイクオフ。私は山肌1往復の後、TO前でヒットし800m、風車手前、加波と上げなおして1250mぐらい。でも高度が上がるにつれて風が強く、1100mでは25km/h以上の西風で移動がつらい。S戸やんは私より加波山寄りのところで上げ始めたが、これがうまく育ってくれずに大苦戦、上から見ててもいつ降りるのかと思うぐらい下がったが、ここで集中力を見せて800m程度まで復活。しかし、この後も3回ぐらい下がっては復活というパターンにはまってしまい、最後は集中力が切れて西に沈む(ランディングはセーフティ)。私は最初板敷に行こうかと思っていたが、S戸やんを待っているうちに上空が暖かい気団になってきたせいか上がらなくなってきて、トップ850mでどうにも動けないのでしばし加波南西面のリッジサーマルでしばし番を張る。何か打開策はないかと辺りの空気をよく観察していると、霞ヶ浦から龍ヶ崎方面には結構立派な積雲が出来ていたが、その内その西側にもぽつぽつとしょぼい雲が出来ては消えるようになってきた。やがて筑波山の東にも出来始め、じきにコンバージェンス性のものなのか、南北に高めの雲のラインが発達して足尾-加波の西側の日射を遮るほどに発達。14:30近くになってその下層にもか弱い雲が所々に出来始めたので、ようやく南に動いてパラTO経由でCooの東テイクオフの上まで行ってヒット、コアが所々はっきりせず苦労しながらも1400mまで、雲底はあと+200mぐらいか?しかしこのラインはその後5分も経たずに消滅してしまい、辺りは再びブルーになりやはりどこにも行けない。でももう加波リッジはいい加減飽きたので、猿公園タッチして15時過ぎランディング。2時間半ぐらい。
雲が張ったときはちょっと風が弱まったのに、降りる間際のランディング上空は南南西が30km/hぐらい吹いてました。この後30分ぐらいでコンバージェンス?第2弾が発生、1回目よりは長続きしてましたが、崩壊が始まったらやはりあっという間に消えてしまいました。
こんなに時間を飛んだのにこんなに移動できないのも久しぶりですが、ある程度条件の変化を読んで上がれたので、まあ良かったです。

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索