Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラス5世界選手権 / クラス1ヨーロッパ選手権

マケドニアで開催中のクラス5世界選のライブトラッキングで毎夜夜更かししている方も多いと思います。日本チームは国別メダルは確実な状況ですが、残り2日も予報では雲底2500m以上の好条件となりそうなので気を抜かずに飛びきってくれることを期待しています。個人は Tim が逃げ切りそうですね。自分も飛びたかったなあ。もうちょっと近ければなあ。

併催のヨーロッパ選手権も個人、国別表彰台争いが激しくなっています。国別では1位のイタリアはずば抜けているけど、2位-5位のハンガリー、チェコ、スイス、イギリスの順位がタスクごとに入れ替わっています。ただゴールを揃えるだけでは順位を上げられないハイレベルの戦いです。一応イギリスを応援していますが、Grant Crossingham 以外に強い得点源がいないので厳しそう。。個人では Luke Nicol と Dave Matthews が普段も私と同じクラブで飛んでる仲間なので頑張って欲しいです。
それにしても Grant は本当に上手いな。イギリスで私が絶対にかなわないと感じるパイロットNo.2(1位は Steve Cook)。

タスク7を終えてChristian Ciech がトップに出ました。最初の2本がぱっとしなかったので調子が悪いのかと見せかけて、その後4タスクでわずか失点1(1位3回&1点差の2位1回)の圧倒的な強さでごぼう抜きです。まだ2位3位との点差はないので油断は出来ないけど。2位の Alex も一発狙って来る、かなあ。Christian はまだユーロのタイトルを獲ったことがない(Alex は2回勝ってる)ので、それが強さになるかプレッシャーになるか?

そして3位に落ちたけど昨日までトップだった Peter Neuenschwander、ハングのメジャーな大会でトップ争いに出てきたのは今回が初めてなので、名前を忘れてました。2011年のパラのPWC Superfinal チャンピオン。もうこれだけで凄い。確かハングはその頃に初めて、2014年にはもうハングのスイスチャンピオン。去年のスイスのPWCも4位という現役2刀流です。この勢いが続けば、パラで既に実績があるだけにブラジルの世界選も優勝候補になってくるかもしれないですね。


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。