Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03


クロスカントリーフライトの記録

Sぴーがハングの国内記録をまとめていたのに関連して、距離フライトについてのCIVLの定義をまとめておきます。

ドキュメントはこれ。
Sporting Code Section 7D
HANG GLIDERS and PARAGLIDERS
RECORDS AND BADGES


記録には以下の種類があります。

Free distance (旋回点経由距離)
Goal (ゴール)
Duration (滞空時間)
Height/Altitude/Gain of height (高度)
Speed (速度)


ここでは “Distance”、”Goal" と "Free distance”に話を絞ります。

スタートポイント(デパーチャーポイント):  タスクの出発ポイント。宣言しない限りはテイクオフに限定されない。
フィニッシュポイント: タスクの終了ポイント。宣言しない限りはランディングに限定されない。

距離記録の種類

a. フリーディスタンス:スタートポイントからフィニッシュポイントまでの直線距離。一番ポピュラーでクラシックなタスク。
b. 旋回点経由フリーディスタンス:旋回点(最大3つまで=最大4レグまで)を使用した距離。
c. サーキット:スタートとフィニッシュが同一地点のフライト。
c1. アウトアンドリターン(以下O&R):旋回点で折り返した往復距離。スタート/フィニッシュは直線の片方の端となる。
c2. トライアングル:3旋回点で航跡が三角形を構成するフライト。スタートは三角形の角である必要はない。三角形の1辺の長さは3辺の和の28%以上である必要があります(28%ルール)。

以上の各種目とも事前に宣言(declare)することができ、フリーディスタンスとは別の記録として扱われます。ゴールフライトが別に扱われるのと同じ。CIVLの記録ページなどで”Free”と記載されていない記録は基本的にタスクが事前に宣言されたもの。

旋回点シリンダー: 半径400mの円。
スタート/フィニッシュシリンダー: 半径400mの円。


これが意味する所はサーキットコースのフライトの場合、スタートとフィニッシュが800m以内に近づいたポイントでコースを閉じたとみなすことができます
テイクオフとランディングをそれぞれスタート/フィニッシュポイントとする場合、両地点が800m以内に近接して存在する必要があります。
具体的なイメージはxcleague.comのこのページを見ると分かりやすい。











日本の場合多くのエリアは山地にあり、テイクオフとランディングが800m以内に近接していることは稀なので、少なくともどちらかのポイントを活かそうと思ったら、テイクオフ後ランディングより800m以内に近づいてから出発するか、コース周回後テイクオフから800m以内まで戻ってからランディングする必要があります。

タスクを宣言した場合、距離の算出はシリンダーのエッジまでとなるので、(旋回点シリンダーの数 * 800m + 800m) を宣言した距離から差し引かなければなりません。
例:アウトアンドリターンの場合1つの旋回点シリンダーがあるので800m * 1 + 800m = 1.6km を差し引いた距離が公式距離となります。100kmのO&Rを宣言しようと思ったら旋回点をスタートから50.8kmの地点に設定する必要があります。

オンラインコンテストとの違い
xcontest, DHV, HOLCなどのオンラインコンテスト(以下OLC)に igc ファイルをアップロードすると最適化された距離が表示されますが、これは上に述べたSection 7Dのルールに則ったものではありません
OLCルールの大きな違いは、
1. Flat triangle (28%ルールを満たさない3角コース)が認められている。
2.トライアングルでコースをきっちりと閉じる必要がない(スタート/フィニッシュ間の距離が総距離の20%以内ならトライアングルとして計上される)。
OLCにSection 7 のルールを適用するとサーキットフライトの判定が厳しすぎるので、緩めのルールにすることでサーキットフライトをより評価する狙いがあるようです。
以上の違いによりSection 7D に準拠した記録の判定ツールとしてはOLCのアルゴリズムは使うことはできません。

次のエントリーで距離判定アプリを較べてみます。

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索