Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月30日:足尾

南陽で行われているクラス1日選は、連日2000m以上上がる好条件となっているようです。足尾は昨日は曇りのち雨で、降りだすまではリッジでずっと飛んでいられたようです。今日は朝から良い天気で、昨日の雨の名残か、空一面の積雲でどこまでも飛んでいけそうな感じでしたが、日中気温の上昇と共に霧散してブルーっぽい条件に変わって行きました。昼過ぎに高層雲がやってきたので、対流が終わってしまう前に急いで笠間方面へ、いつものルートどりで飯田ダムアウトアンドリターンの後、足尾に戻って少しうろうろしてから約2ヶ月ぶりにNASAのランディングに降りました。風は南西本流で、50号より北は条件が良くなるパターンで雲底1400m、さらに北の那珂川方面(!)は1700mぐらいまで上がったみたいです。田植えが始まると、50号沿いもランディングオプションはあまり多くありませんが、さらに降りるところがなさそうな茂木へ攻め入ったハングが2機もいました。心が強いなあ。


今日のフライト距離 53km


060430.jpg

スポンサーサイト


Comments

この日の関東地方は高層雲がかかったエリアはどんどん上がらなくなっていってしまいました。私も14時頃、足尾でなんとか上げて筑波に行こうとちょっともがいてみましたが、一旦高度が下がってしまうと二度と高く上がれない条件になっていました。この日は場所の違いというよりは、時間の違いで随分と条件がかわってしまいましたね。それでも50号より北は条件が随分長持ちしたみたいで、一旦日射が復活した15時過ぎには1500m以上上がる条件まで回復したみたいです。
 1430ごろから筑波山南斜面に取り付き、1500ごろからはエンジンカットして1630くらいまでうろうろしてみました。雲底は山頂と同じで、風速は10mくらいでしょうか、真南の風がだんだんに強くなり最高のリッジなのですが、運底も低くなってきたので、残念ながら離脱しました。足尾山まで、ほんのわずかな距離なのに、気象の違いに驚かされます。

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。