Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
06


UKNXCLとクロカンリーグ考

前にも書いたっけかな?良く憶えていない。。。まあいいや。
イギリスではハングもパラも、クロカンリーグが盛んです。

UKNXCL (HG)

ルールは年間6本の合計の点数を競う。
フライトの種類は
オープンディスタンス(3TP 距離x1.0)
ゴールフライト(ストレート、TP無し、距離x1.25)
アウトアンドリターン(距離x2、タスク宣言した場合はx2.5)
FAIトライアングル(距離x2.5、タスク宣言の場合x3.0)

6本のうち1本はオープンディスタンス、1本はゴールフライト(またはタスク宣言してコンプリート)を含むこと。(ルールはハング版、パラは少し異なる)

今年は5月終わり/6月頭に大きめのアウトアンドリターンを2本稼げたので現在総合2位。
もっとも、Steve Cook (Cookie)がエントリーしていればぶっちぎりで1位で、私は3位のはず。アウトアンドリターンのルールが誰も気づかぬままに昨年から変わっていて、Cookie はそれに抗議して一旦エントリーしたフライトを全て取り下げてしまった。
問題となったのは、例えば西に30km行って、東に50km行って西に20kmで出発地に戻るようなフライトの場合、以前は2TPのアウトアンドリターンは認められていたので100km計上されたのが、現在のルールでは1TPしか認められないので60kmしか計上されない。今は年度途中なのでルールを変えられないが、来年は2TPが認められるようになるかもしれない。
ルールの細かいところはともかく、クロカンリーグをきちんと運営してそこでO&Rやトライアングルもきちんと評価するというのはとれも良いことだと思う。

翻って、日本では多分今でも足尾界隈の一握りのパイロットを除けばターンポイント無しのオープンディスタンス以外クロスカントリーフライトとしてあまり認知されていない。それで良しとするフライヤーが多いのかもしれない(私もその一人だった)が、JHFレベルでそのようなフライトを認識して、表彰するということは実際には大事なことだと思う。特に日本は山岳地域が多いことによってオープンディスタンスのオプションがかなり制限されてしまう一方、アウトアンドリターンは多くのフライヤーが考えているよりも大きな可能性があるエリアが多いはず。そのようなビッグフライトがその価値を認知されにくいという理由で、チャレンジするフライヤーの数が少ないとすればもったいない。
また、JHFレベルでは少なくともFAIのクロスカントリー記録の種目にある国内記録(JAAの手続きに則っているかどうかに拘らず)をきちんを把握しておくのがその役割としてあるはずだけど、オープンディスタンス以外の種目はほぼ手付かずなのではないだろうか?(誤解だったら誰か指摘してください)
その手段として、クロカンリーグを充実させるというのは、多様な種目の国内でのフライト記録を捕捉するという意味でプラスの面がある。データベースとフライトのエントリーシステムを構築するのに資金と人材と労力がかかるけど、自前で構築する余力がなければLeonardo上でやるという方法もあるし、競技委員会で検討して欲しい。

私は現在はたまにしか日本で飛べないけど、現役のJHFの会員だしJAA発行のスポーティングライセンスも持ってるので、要望を述べる権利はあるよね?ということで。







スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索