Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月9日:足尾 今度は逆回り

高気圧前面、上空に寒気が入っていて西の平野は稀に見る絶好のコンディションとなりました。
朝のうちはうす曇りぎみながらも雲底は高く、TOも運良く朝から東風が入っていていました。パラは11時頃にはそこかしこで2000m近い雲底につけています。タスクの可能性としては、那珂川-宇都宮あたりを回るトライアングルも考えていましたが、今日は昼過ぎにコンバージェンスラインが南下してくるという予報のため、北への進出よりはいきなり西に出てみるというプランにしました。
一時風が悪かったこともあって11:56にテイクオフ。すぐに猿壁で+3m/sにヒットし、1100mまで上昇。しかし、既に湿度の高い気団がエリアに到達して、この高度レベルに一段低い雲底の雲が出来始めている。こうなるともう上のレベルの雲に上がるのは不可能なので、さっさと筑波山へ移動。この間殆ど高度ロスなし。山頂付近はぎりぎりセーフでまだ中層の雲に蓋をされておらず、+4m/sで2000mまで上げてY本さんと共に出発(12:16)。2.5km西の雲でもう一度2000mまで上げなおした後は、雲を追いかけて北西方向下館方面へ進路変更。下館市街地の北にはしっかりした雲があり、10機以上のパラが既に高く上げている。今日は足尾のパラXC大会が開催されているが、皆西方向へ距離を伸ばす作戦のようだ。西の平野でこれほどの数のパラを見たのは初めてだったので、ちょっと感動。私は街の南で900m>1300mまで上げてから北の雲へ移って+3m/sで1800m弱(12:43)。しかし、この間にY本さんはさらに高く上げきって、数分前に西へ走っている。今日もY本さん調子が良いなあ。このパターンではスピードを出しても追いつけないので、フォローを背負っていることもあってゆっくりと高度を落とさないように進む。次のサーマルは鬼怒川を越えた所で+1.5mと弱めながら1400m>1800m。ここから一気に西北西方向約17km、JR、東北道を越えて栃木市北西のゴルフ場へ800mで到着(13:10)。この上にはかなりしっかりとした雲があったので楽勝!と思ったがなかなか上がらず、600mちょっとまで下がってかなりやばい雰囲気になったが、何故か遅れて現れたY本さんが、+2m/sをみつけてくれたのですかさずその下へもぐりこむ。すぐ近くには真壁から飛んだファルケもいる。ファルケは1300mぐらいで手慣れたように西の山奥へ突っ込んで行き、私はしばらくその様子を伺っていたがどこまでも突き進んで行くのでその内分からなくなってしまった(その後白根山のウエーブで5200mとか、、)。Y本さんはファルケについて行くかのように1200mぐらいでサーマル離脱し、やはり奥に突っ込んで行くがノーヒットで低く引き返してくる。私はここで2050mまで上げてから西の奥に出来た雲につけて1300m>2400m(13:47)、ここからさらに西のピークの上にある雲を目指してみるが、この高度は西風アゲンストでしかも上のウエーブの影響なのか結構荒れておりウエーブローターへのビビリが入って、3kmほど進んだところでUターンして北東に進路変更(TOから55km)。来た道を引き返すのもアゲンストで辛そうだし、どう飛んだものか少し迷うが、20km程北、今市の東にコンバージェンス性のしっかりした積雲があるので、そこを目指すことにする。鹿沼の北西で1300m>1700mまで少し上げ直してから狙った雲の下につけて(14:23)、狙い通り+3m/sにヒット、1100m>2100mまで上昇。さらに雲沿いに東進しながら途中2300mまで上げ、羽黒山の弱いパフで2050mで上げた後はブルーの中長いグライドに入る。帰還ルートとしては、このまま東進して烏山をめざすか、あるいは南下してホンダの雲を目指すか。雲は烏山の東から茂木-市貝、またホンダの雲は鬼怒川沿いに小山方面に連なっている。他はブルー。初めは烏山を目指していたが、氏家の街に差し掛かってもまだ1600mあり、ホンダの雲につけそうな雰囲気になってきたので進路を南に変更する。高度が下がるにつれアゲンスト気味になるが進みは良く、ホンダに800mで到着(15:04)。+1.5m/sをヒットして1500mまで上昇。しかし、冷たい東風が20km/h以上吹いており、この先は対流が終了している雰囲気。自衛隊管制圏の外側を舐めるように南下するがやはりどうにもならず、力尽きて二宮にランディング(15:40)。
1月前と逆回りで自衛隊管制圏をほぼ1周しました。

たらればその1.栃木の山奥で、途中で引き返さずに突っ込んだらどうなったか?
ファルケ、結局このポイントではウエーブ入ってません。。
たらればその2.烏山ルートだったら?
烏山は東ではなく北風だったようです。見えていた雲は北東と北風のコンバージェンスだったようです。とすると、うまくすれば高峰ぐらいまでは帰れるチャンスあったかなー。

今日のフライト 134km
常に基本フォローで飛んでいたので、結構距離が延びました。行きっぱなしのクロカン以外では自己最長です。




060409.jpg

20060410214225.gif

スポンサーサイト


Comments

kosakaさん。ログありがとうございました。
パラのフライトと重ねると、スピード、LDすばらしく魅力的ですね。
お礼
 お知らせいただいてありがとうございました。このサイトの図は、本当に見やすいですね。 わたしは、船玉のところで、ウルトラのクラウドダンサーというのに乗ってます。数年前に、アトスが川島の滑空場に下りたのを見て、他のウルトラから乗り換えました。エンジンカットの状態ではどうしてもハングやパラのように飛べないので、腐っていたのですが、腕だけでなく、性能もアトスのほうが上なのですね。
kosakaさん、ご無沙汰してます。
パラのsekiguchiです。
今日NASAでうだうだしていて、このブログを教えてもらいました。
この日は、パラ大会であちこちで遭遇されたと思います。
私自身、パラでの西飛びはほとんど無いので、新鮮でした。
トラックログを保存していましたら、いただけませんでしょうか?
毎度ですが私のHP上パラ大会ログと同時再生しますが、よいですか?
お手数ですがよろしくお願いします。
himioさん
急用でなくても、朝までそこら中で強風が吹いていたので、やる気をなくして出遅れた人が結構多かったみたいですよ。結局このまま飛ばずにニッセン?

クラウドさん
グライダーは ATOS-V という固定翼ハングのスモールサイズです。SeeYouで計測したこの日のグライドのL/Dは16でした。ちなみに姉妹機種でもVRというタイプはケージもないのに平気で25とか出たりします。
引用した風力図は「スカイ情報」(http://www.sunny-spot.net/sis/sky/)で見ることができますよ。
 ハングってすごい性能になっているんですねー。驚きです。機体は何なのでしょうか。 すいませんが、このページの風力図は、どこで取れるのか教えてください。
やっぱり そんな日になったんだー。 
流行り言葉?で言えば “裏山鹿!”

急用さえなければ・・・。

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。