Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


5/21 Milk Hill

トラックログ


View Larger Map

近くに適当なエリアがなくていつも困る南風の予報だったのですが、この週末はどうも Milk Hill というエリアに皆行くらしい、ということで初挑戦。
高度差100mくらいの斜面を求めて家から150kmくらい、車で2時間ちょっとの移動です。
10時20分くらいに到着、Nevilleからエリアのブリーフィングを受けて、準備開始。
ちなみにこの間速報したけど、Neville はほんの10日前にまさにここから270kmのUKクロカン記録更新をしたばかりで、そういう意味でホットなエリアです。

GW後にまたこちらに舞い戻ってきて、近くの街に滞在しているSぴーもそのうち登場。
その後、京ハンY田さんもやって来て、日本人フライヤー集結です。

まずは皆で Tim King さんの超緩斜面からの「あり得ない」フェンス越えテイクオフを堪能。
どうもここでは割と普通にやってるっぽいのだけど、少なくともKingさんはフェンスから1メートルくらいのクリアランスしかなかった。
周りのみんなも止めるし、私は無難に安全な所まで機体を運んでから普通に出ました。

テイクオフは12時過ぎ。風は25-30km/h くらい、高度差がないのでサーマルを流していくのが難しい。でも雲はかなり良い感じにストリートになっていて、500m(テイクオフは260m、ボトムは150m)くらいから前に出しても高度が落ちない。リフトの強いところで切り返しながら雲底1050m、クロカンに行く気はないのでとりあえず沖責め、1回目は調子に乗って引きすぎて失敗、仕切り直して再度雲底1100mから今度はもう少し丁寧にリフトラインを追って8kmほどアゲンストにプッシュして谷のほぼ反対側に到達。高度にはまだ余裕があったが、それ以上進むと制限空域に引っかかるのでリターン。上げながらテイクオフに戻って、雲底から今度はリッジ沿いに東に5kmほど動くが、確実に帰りたいのであまりプッシュせず、沖に出して高度が低くなったところでまたリッジに戻る。
そんなことをしてるうちにオーバーキャストっぽくなってきて上がりも悪くなり、なんだか飽きてきたのでランディング。
2.5h。

素晴らしく景色の良いエリアでした。これからの季節は南風が多いので、このエリアに通う確率も上がるかもしれません。

King さんはクロカンに行ったものの、GPSトラブルでエアスペースが分からなくなり、95kmぐらいで先に進め無くなって900m をみすみす下ろしたらしい。どうも条件的には200km の可能性があったらしいので、残念!
私も次にチャンスがあったら狙ってみたいので、エアスペースとルートの研究を始めました。
200km といわず、300km 越えを狙える日が来ることを祈って。。。。
スポンサーサイト


Comments

うーん、いーなー。うらやましーなー。
私は今、かなりなどつぼにはまっております。5月はまだ3回しか休めてません。こまったもんです。
いーなー。

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索