Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

British Open Series 2010 Round 3: Mid Wales Day1

South East Wales, Yorkshire Dales に続く第3戦に行ってきました。
昨年の同じ大会、5月のSouth East Wales の第1戦に続いて UK ではこれが3回目の大会参加になります。ここまでTegelberg 世界選を含めて参戦した延べ 20 競技日で成立僅かに2本という記録的な確率の悪さだけど、いい加減流れが変わってほしい所。予報は大会期間中ずっと良さそうだ。


リザルト


6/26

南風ということで大会本部のパブから1時間ほどドライブして Bache Hill というエリアへ移動。テイクオフ自体は南東向きなので、若干右サイド。

コールされたタスクは、北北西に42km Welshpool のパイロンを回ってから北東に84km、Crewe ゴールの116km。
14時頃から選手がボツボツ出始め、サイドのためなかなか上げ難そうな条件だけど、しばらくするとちらほらとテイクオフ左奥できっちり上げ始める機体がでてくる。

私は真ん中くらいに出て、丁度良く上がり始めたタイミングであまり苦労せず雲底1800m(以下高度は海抜)。風は南南西20km/h くらい。丁度良く15時の最終スタートゲートだったのでそのままスタートする。

ちょっと前を先行する Dave Matthews と Bruce Kavanagh に続いて3番手。TP14km手前で良いコアを探すのに手間取って少し遅れるが、雲の横2050mまで上げてTPを1450mでクリア。ここまではかなり順調だったが、この先はかなり渋そうな雰囲気。

かなりブレーキを踏みつつ、弱いリフトも全部拾ってゴール50km手前で1850m雲底まで上昇する。
何とか弱い条件のエリアを抜けたかと思ったが、この先クラウドストリートは管制圏にかなり近い所を通っている。はっきりとその境界の位置に自信がなかったので、安全策をとって北寄りのブルーの空域を進んだら、14km手前日射のないエリアで300mを切ってしまう。
あーやってしまったか、と思いながらハーネスのジッパーを開けたら弱いのにヒット。上がりそうな雰囲気ではなかったが、ずっと構っていたら11km 800m まで回復する。ゴールまで滑空比15:1、シンクに当たらないように祈りながらゴールに向かってグライド開始、最後まで気を抜けなかったがなんとか 100m 余してゴール。結局トップから11分遅れ。
もうちょっとだけ南のラインを通っていたら最後は随分楽だったみたい。

結局この日は総合5位、クラス5で2位。ゴール10人。

初日のテイクオフの様子



View Larger Map
XContest
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。