Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月25日:足尾 またしても。。。

高気圧ど真ん中、南風と共に北上する典型的なブルーコンディションのXCデーとなりました。ただ、上空の寒気は弱いので北に行くほど渋そう。足尾付近もブルーでなかなかブレイクしない雰囲気だったので、ゆっくりめに12時前にTO。加波で逆転層1550mまで上げて北上開始。この逆転層は都心からの空気が流れてきたのか、いつになく真っ黒でいつになく体に悪そう!さて、前方にはハング、パラともそこそこ先行していて条件は読みやすい。50号から茂木エリアは多少積雲が出ていて、ラインは仏頂方向と、雨巻から茂木変電所方向に比較的しっかり見え、高峰の北にも弱いながらも積雲がある。先行機は雨巻ルートの選択が多いが、このルート変電所から先がブルーでその先の展開が厳しいと読み、私は東側のより長いストリートを使えるところまで目一杯使って北上する作戦をとる。このルートは雲底も高く、ツインリンクの東で1900m、さらにそのまま北上して那珂川を越えたところで2050mまでと期待通り景気が良い。ここが最後の雲で、この先は渋いことを覚悟して馬頭までグライド。でもこれで先頭になったかな、と思ってセンタリングしながら周囲を見ると、雨巻ルートから那珂川沿いを飛んで来たはずのグライダーが、何機か既に3kmほど先に先行している。結局ブルーの中でもそこそこ条件は良く、迂回しない分だけ速かったらしい。この時前にいたのはN藤さん、あにき、Y本さんに板敷から出たG田さんで、しかし黒羽南東のゴルフ場でスタック。私はその手前で1100mまで上がったので彼らの上を越えて、その後も気まずい雰囲気の大気の中、渋いサーマル2発上げ返すがそこで力尽きて、過去にもランディングの覚えがある那須町芦野に撃沈。一方先のゴルフ場のピンチを生き残ったG田さんとあにきはその後もサーマルを繋ぎきってそれぞれ郡山と須賀川まで届く。大会での集団での移動ならともかく、今日の条件でほぼ単独フライトで白河越えは立派です。

それにしても、私にとって相変わらず黒羽-那須は鬼門です。かれこれ15回ぐらいは降りてるんじゃないでしょうか?おかげで、何キロだとあの集落かな、とかこの谷まで飛ぶと何キロとか結構詳しくなってしまっています。最近はこの辺に降りると、達成感よりはストレスが溜まります。うーん、何とか1本すっきりとしたフライトしたいですね。

今日のフライト距離 84km(足尾から80km)


060325.jpg

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。