Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月10日 Bo Peep

今週末はクラブツアーでウェールズに行くはずが、直前になって「今週末は地元の方が条件が良さそうだからキャンセル!」ということで結局いつものエリアで飛ぶことになった。
土曜は場の風が北東なので、Bo Peep へ。


View Larger Map

上はGoogle Street view から。画面中央付近の丘の上がBo Peep のテイクオフ、でもそこから左方向の斜面は機体を担ぐことを厭わなければ何処からでも出れます。
余談だけど、Google Street View はひと月ほど前からイギリスの96%の道路がカバーされてるらしく、こんな田舎道も普通に見れる。

前にも書いたかもしれないけど、ここは海抜160m高度差90mと非常に低いので、風が弱いとハングにはとても厳しいエリア。
この日もそんな弱い予報だったが、実際には朝からパラがリッジをとってトップアウトするくらいに風が入ってた。
でもこんな日は昼過ぎには海風に喰われてしまうかもしれないので、そそくさと準備して11時40分にテイクオフ。
この時点でエリアのハングは他にスティーブクックと初級機の計3機のみ。他のメンバーは何処に?

空中は意外と風が強くてリッジは全く問題ないが、対流はまだ弱い感じがしたので丘沿いに流していると、後から出たスティーブがそのままノーターンで右に流していって、リッジの端っこでサーマルにヒット、ぐいぐい上げていく。
あのー、サーマル見えてるんですか?
急いで自分も下に潜って弱いサーマルで上げ始める。直に+3m/sを越えて雲底1200m。
お、このエリアで自己最高高度だ。

スティーブはストリート沿いに北東方向のアゲンストにプッシュしていったので自分も追いかけるが、きついシンクをヒットしてあっという間に500m。
スティーブが高く上げ直すのを下から羨みつつ、何回か切り替えして30分くらいかかってようやく雲底に復活。この頃にはコンバージェンスもさらに発達してきてアゲンストでもあまりロスなく10km先の Hailsham という街に到達。
途中どんどん下から雲が湧いてきて、下層に海風が侵入しているのが分かる。
ここで雲が一旦途切れているためスティーブも立ち往生していた。私と入れ替わりに雲底からテイクオフ方向に戻っていった。

ラインの西側を探って高い方の雲底1300mまで上げ返し、一個内陸側のストリートへジャンプ。このラインはちゃんと働いてくれて、アゲンストでもそんなに気まずい雰囲気になることもなく北東に進み、21km地点800mでリターン。
帰りにセールプレーンとスティーブの集団とすれ違い、ちょっと付き合うが海風がこのラインにも侵入してきたようで雲の雰囲気が悪くなってきたのでお先に失礼する。
丘に戻る前にもう一個内陸側のストリートに移って雲底1460m。
テイクオフに戻ってちょっと東側(海側)を試したら35km/hまで風速が上がってる。
条件は終わりに近いようなので降りようと思うが、BoPeep 付近は海風が入って間もないため荒れ気味。
そのうちリッジ上でしっかりしたサーマルで雲底まで上がってしまい、1200m。風は40km/h近くて高度を距離に帰ることもできず、セールプレーンとからんだり沖に出したりして時間を潰し、いい加減落ち着いてきた頃、といっても強風の中トップラン。

62km(3TP)、4h32min。
トラックログ

こっちでここまでのベストフライトかも。
他のハングフライヤーは私がテイクオフしたすぐ後くらいに現れたけど、下層はあまり良くなくて雲底までつけた人はいなかったらしい。
早めに行って正解だった。

明けて日曜日は同じような風ながら、風速が土曜+5km/hくらい。BoPeepには行ったものの機体を車から降ろすこともなく、セールプレーンが飛たり、迷子の子羊を捕獲するイベントがあったりしたのをしばし眺めて昼過ぎに撤収。
スポンサーサイト


Comments

ツネさん、お久しぶりです!! ここを見ていたとは知りませんでした。
長野とても行きたいのですが、今年は有休が足りなくて帰れないかもです。来年のGWには何とか。

ご覧のとおり高度差90mにもだいぶ慣れたので、もう生坂は普通のエリアに感じると思います、多分。。。。。
生坂も良いですよー、しかし先週は山桜フライトを狙いましたが条件を見誤り驚異の1分ブッ飛びでした。ちなみに今週はm郷オープンです、また凄いとこ見せてください、待っています。
プロジェクトが残ってれば行くかも。
年内は無いかなあ。
そん時はよろしく。
パープルじゃだめ?
生坂も捨てがたい。

そうそう、こっちに出張の予定はないですか?
是非あの「講習バーン」にチャレンジして貰いたいです。
帰国した際には、まず烏山へ行ってください。
いきなり足尾で飛ぶと高すぎて危険です。

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。