Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4th April Devils Dyke

この2週間はイギリス上空に低気圧が居座ってひたすら雨、北の方は大雪まで降る有様。
金曜から月曜までEasterの4連休ですが、今日が久しぶりに、かつ唯一飛べそうな天気でした。
寒冷前線が朝の8時くらいに抜けて昼前には空が晴れてきた、まではいいものの、寒気が入ってきたのに地面は2週間分の雨でがっつり濡れてるので、あちらこちらで shower が見えます。

風はWNWなのでいつものDevils Dyke。13時過ぎ、といってもサマータイムが始まったので冬時間の12時に相当、にテイクオフ。8割方曇り空でしばらく上がらないものの、空気が不安定な気配は感じられ、そのうち一発かつんと引っ掛けて、一人抜けて雲底1100mちょっと。ちょっと西に進んだら細かい雹に降られる。
風が30kmほどのアゲンストなのでいつもの事ながら全く進めず600mほどでUターン。

付近はオーバーキャストになって一旦渋くなるが、そのうちまた僅かな日射と共に対流のスイッチオン、そして10kmほど風上にかなりヘビーなシャワーがWNWの風に乗って接近中。
トップランするか迷うが、降りてもそのシャワーに直撃されて結局ずぶ濡れになるのが嫌だったので、丘沿いに西に逃げてやり過ごす。
そのシャワーはテイクオフの1kmほど北を駆け抜けていき、地上の機体も難を逃れた模様。

でもまだ次のシャワーも見えるし、風も強まり方向であまり楽しくないので、降りることにする。一度高すぎて overshoot し、やり直そうと思ったら何故か一瞬リッジが効かなくなる。
自分よりちょっとだけ低かった機体は降りてしまった。
自分も成す術なくランディング上空60m、しかしそこで荒れ気味のリフトに引っかかり辛うじて復活。
その風が少し落ち着くのを待って今度はちゃんとトップラン。

機体を置いたら、いきなりフライヤー仲間の Ozzie に「さっきの low save は皆で見てたよ、"そこ右、もっと左!"とか叫んでたんだけど君はその通りに動いてたから、全部聞こえてた? haha!」
どうもギャラリーに楽しんでいただけたようです。

今日のログ。距離は全くでてませんが、本日の最高高度と最低高度を両方ゲットしました。

来週末は天気が良ければ Wales 遠征の予定。




スポンサーサイト


Comments

お久しぶり~
数少ないチャンスをネチネチと飛んでますよ。それでも大会前としてはちょっと練習不足気味です。

足尾で鍛えていれば、世界チャンピオンの国でも十分に通用するみたい。といっても今のところイギリス国内エリア限定だけど。

でも、こっちの人は皆冬はろくに飛んでないのにどうしていきなり国際大会に行って成績が出せるのか、不思議だ。

今年はもう少しXCもトライしてみるつもり。国内記録は250km以上あるからかなり手ごわいけどね~
Kさか之~、久しぶり!
ロコパイロットにそんな風に言われるなんて、さすがよ!実力者が新たな場所でちゃんと確立していく姿にいつも感動しているわ(^^)
世界戦が楽しみだわ!

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。