Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロカンリーグ in UK

こちら
イギリスのクロカンリーグはそれなりに盛り上がっています。
天気がなかなかついてこないところがちょっと厳しいところですが、それでもハングフライヤーの生息数を考えればかなりのフライトが登録されているよう思われます。
サイトは昨年まではあまり使い勝手が良くなかったのですが、最近大幅にデザインが変更され大分見やすくなりました。
過去の記録も簡単に遡ることができます。

サイトの機能としては Leonardo をベースにしてるDHVの圧勝ですが、記録サイトと思えば十分です。
なによりBHPA(日本のJHFに相当)が大会だけでなくクロカンフライトも記録として残して行くシステムがあるのは意義があるでしょう。

O&Rやトライアングルに加重なボーナスがつく(宣言したトライアングルだと3倍!)のが納得行かないところもありますが、風が強くてオープンディスタンスの方が圧倒的に楽な気象条件だからしようがないのかもしれません。


JHFもWebベースのXCリーグを実施できればかなり盛り上がるし、英語化できれば国際的な認知度も高まると思います。実際日本がこの冬の日が短くて寒い時期に100km近いフライトを沢山成し遂げてるのに、YもとさんのDHVリーグへの登録を除いて殆ど知られる手段がないのは勿体無い気がします。
そうは言っても予算などの問題もあって現実には難しいだろうから、みんな例えばここでプライベートXCリーグをやってみてはどうでしょう?

スポンサーサイト


Comments

Leonardoの開発ってCIVLが主導してたんじゃなかったっけ?この辺ちょっと調べたけど裏が取れないので曖昧だけど。

JHFが管轄するofficial な National Contestにしようと思ったらDHVのようにお金と一手間かけないとだめかもしれない(開発元に使用料を払う必要もあるかも)。

プライベートでやる分には、じゃんじゃん登録して、コンテストのための順位のつけ方は自分達でルールを決めれば良いので(そのままLeonardoの点数を使うも良し、距離だけ拾って係数は自分達で独自に設定するも良し、後は最大何本まで使えるか、とか)、Leonardoの外ににコンテストの管理サイトを用意すれば問題ないかと。
XContest自体でどこまでできるのかは、時間があるときにみてみます。

XCリーグ
日本も頑張ってる、結構飛べるって欧州勢に知らしめたいよね。
「例えばここ」はnational XC contestを自由に設定できるのかな?

DHVのサイトもこの時期は南アやナミビアばかりだもんね。

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。