Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月11日:足尾 

今日の関東は本州の南北にある2つの低気圧のちょうど真ん中の気圧の尾根に位置し、寒気はいないものの地上気温がかなり上がるので風次第ではそこそこの条件になりそうな感じでした。平野はいつものようにブルーですが、八郷から茂木にかけては対流性の積雲がいい感じで浮かんでいました。風は南寄りで、場所によっては吹き抜けている層があるものの、移動に苦労するほどには強まりませんでした。TOは西にも東にも出にくい感じで、一時はどっちにも同時に飛び出すタイミングまでありました。私も最初は西に構えたもののどうにも風がはいらず東に移動して、さらにひとしきり待った後13時過ぎにテイクオフ。
私のすぐ後に出たY本さんは瞬速で上げてどこかに消えてしまうが、私はまたしても300-400m近辺でのたうち回る羽目になり、今日こそはぶっ飛ぶ覚悟をしたがなんとか踏みとどまってようやく30分後に足尾山頂で雲底1400mに。あまり遠くに行く気分ではなかったのでとりあえず50号ぐらいまで行ってみるかと加波経由でいつもの仏頂方面へグライド開始。ラインに乗っていたので50号を越えた先まであまり落ちず、じゃあもうひとつ先の雲までと進んで行き、気がつくと仏頂を越えている。結局いつものルートと変わらない。ラインはさらに北に連なっているが、これ以上北に行く気はしないので、東に変針してこれまたいつもの飯田ダムへ。ここから笠間の上を通るダイレクトルートでリターン開始。南っぽいときにこのルートはこの辺りで一番活発なラインを形成することが多い。八郷が近づくにつれ南が強まる所もあるが、しっかり雲底まで上げ返して難台山の雲の下に入る。今日は難台からパープルにかけても、時間によってラインが強まったり弱まったりしながらも続いており、そのルートを辿ってパープルへ向かう。800mちょっとでクリアし、後はNASAまで10kmフォローでちょっと余裕のはずが、結構なシンクをくらって届くかどうか微妙な高度になってしまい、リスクとってもしょうがないので無難にモーパラにLD。

飛び始めの多少やる気を欠いた気分からみれば、ライン沿いに飛んでいたおかげで結構動くことができました。ま、最後はちゃんと集中して飛んでれば問題なく届いたと思いますが。。
他の人は、那珂川タッチして戻ってこれなかった人、先週の私のように何となく那須まで行ってしまった人、など。

今日のフライト 63km

060311.jpg

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。