Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
06


Cross Country

現地の会員登録も済ませ、機体の用意もできたものの何やかんやでまだ飛べていませんが、とりあえず生きています、ということで。

Cross Country magazineの本社の近くに用事があったので、ついでに捜索してみました。
なかなか見つからず、ふと休憩したら目の前にありました。

(「For Sale」の看板の下)

XCmag office


XCmag office2

Bo Peep というエリアでパラを発見。
Bo Peep


後ろの丘からテイクオフ。高度差90m!の斜面をさらに50mくらい下がって飛んでいる機体もあるが、結局一機も降りて来なかった。高度は低くても風が吹けばリッジのかかりは抜群らしい。。。。
日本で言うと、、、、生坂、、、いや烏山?
2007年にはこのエリアから Steve Cook (元Class1 British Champ)が片道90k(足尾-白河くらい)のO&Rを達成している模様。ちょっと想像ができません。

今の季節はさすがにもう日が短くて、フライトできたとしても良くてリッジですが、飛べたらまた報告します。





スポンサーサイト


Comments

コメントはみな読んでるのですが、なかなかタイムリーに返事できずにすみません。

N籐さん、とりあえずこっちの天気予報や風予報は、これまでのところ結構当たります。
高い山がないから割と単純で予測しやすいのかもしれません。
どんなサイトをみてるかは、また後ほど(ほとんど知ってると思いますが)。
WNIのUKサイトも発見しました。
更新、ようやく気が付きました。

しかし、高度差90mからそんな距離を...執念を感じますね。
さすが、大英帝国。


いつのまに・・・
更新されてたんですね。
元気そうで何より。

こちらも子育てでなかなか飛びにいけませんが、次回世界戦ではぜひ再会したいものです。
待ってました
ブログの再開待ってました。
わくわくするようなフライトログを期待しています。
オフシーズンの間は、英国での暮らしぶりでもアップしてよ。
元気?
お元気そうで何よりです。冬が来る前に飛べるように祈ってますよー。
イギリスの風の具合、飛んだら教えてくださいね。
更新気づかなかった
K坂さんが出国してから、日本の週末からサーマルがなくなってしまいました。なんだか毎週渋くて、ここ何年かで最もぶっ飛びの多い年になってしまってます。
平日には良い日があるようで、秀koが板さんとVRでタンデムして水戸リターンとかやってるそうです。
そちらの暮らしには慣れてきましたか?
冬は太陽見れるの!?

夏のバカンス迄、我慢ガマン。。
いやぁ、日々を生き抜くだけで大変です。。。
それにしても一年中ソアリングできる足尾って改めていいエリアだなぁ、と実感。
こっちは晴れの日も雲底が割と低くて、日本みたいに真冬に2000mも上がるなんて想像もできません。
もっとも、空港が近いために高度制限があるらしいので、近所のエリアではどのみちそんなに高く上げられないみたい。
祝復活
お元気そうで何よりです。90mの丘から日本のサムライが300kmO&R!なんてニュースが飛び込んでくるのを待ってます。

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索