Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月25日:足尾 東強め

金曜の昼までは雨っぽい予報でしたが、夜の予報で急に晴れベースに変わりました。気圧配置からは結構東が強そうな感じで、八郷周辺は実際そのようになりました。筑波山は朝9時には積雲が出来ており、11時ぐらいにはかなり対流が活発な様子。私は午前中グライダーのパーツ交換作業のため山に上がるのがちょっと遅くなり、13時20頃にテイクオフ。パラテイクオフの上で良いリフトに当たり1000mまで、雲底はもう少し高め。八郷の外側の雲は真岡、茂木、下妻方面にみられ、いずれも八郷の雲よりもう一段高く1500m以上はありそうな雰囲気。でも出発したら今日の条件ではリターンは不可能なので、盆地内をうろうろすることに。沖に出ると風が強い上にサーマルトップは900m程度しか上がらないのであまり動けず、何度か雲伝いに沖をトライしながら筑波-雪入手前-加波-小富士峰-筑波という感じで16時過ぎまでこじんまりと飛びました。 14時半頃にエリア周辺の雲が一旦崩壊して全体的に渋くなりましたが、15時過ぎに結構しっかりしたストリートが筑波-加波-笠間と形成されました。この頃2回目の筑波の後雲底1050mまで上がったので、このまま雲底をグライドして難台山越えられないかな、と期待しましたが時間が遅かったせいか吸い上げは思ったよりも弱くすぐに雲底から離れてしまい断念しました。この季節に限らず東風の時には、一旦サーマルタイムが終わったかな?と思った後にこのようなストリートが発達することがあり、それが崩壊してもさらに第2弾、というようなこともあります。渋い時間帯をがんばって乗り切れば、思いのほかいい思いをすることができるかもしれません。 今日良い飛びをしたのはY本さんで、北に出発して真岡の雲まで行って上げなおし、宇都宮-高根沢方面Max1600m以上で好条件の中飛んでいたようです。

今年はフライト確率はそこそこあるものの、今のところ条件的には小粒の日が多い感じです。3月以降はどうでしょうか。

本日のフライト距離 42km

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。