Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


1月14日:足尾 益子-明野-西LD

やや緩んだ冬型、関東近辺は風も穏やか、終日ほぼブルー。中層に寒気は残って減率は良いが地上気温もあまりあがらず、最高気温6度くらい。

風は西風と決め込んでゆっくりめに行ったら何故か東に飛んでいる機体が多数見えます。昨日に続いて風を読み間違ったらしい。
まあ昼から飛んでも条件的には悪くないはずなので、あまり気にせず11時過ぎに山に上がって機体をセットアップ。
その間に出た人達は結構上がっていましたが、機体が組みあがる頃にはテイクオフの風が不安定になり、しかも東側は高層雲の陰でしばらく渋くなってしまいました。

結局日射が戻って皆が再び出始めた頃には12時30分近くになっていました。私もその中に混じってテイクオフ。

最初ちょっと渋かったもののパラTOの前でパラが良い上がりを始めた下に潜って+2m/sで1450m。加波で1650mでブルーの中北上開始。
足尾近辺はほとんど無風でしたが、加波より北側は5-10km/h程度の北風アゲンスト。
期待の雨引ノーヒット1100mで通過。富谷山まで一気に渡る。

1月3日には富谷山に嫌われているが、2連敗はないだろうと高をくくってどんどん進む。
結構きつい沈下もあり、山の上に着いたときは500mをきってしまい、西面に出てサーマルがある予定がどんどん空振り、3日とほぼ同じところで230mまで下がってしまう。
弱い北風というのも3日と一緒、さすがにかなり気まずい。

ここでかろうじて弱いカスみたいなリフトを引っ掛け、必死に育てて後から上にかぶってきたG気と一緒に1400mまで復活する。
200mほど下に入ってきたS戸やんはそのまま通過。どんどん低くなって景色に紛れてしまった。

このサーマルの上がりっぷりからようやく地上も気温が上がってスイッチが入ったと判断し、とりあえず益子を目指してみる。そこで調子良かったら宇都宮を伺う算段。
ただしダイレクトに富谷山から真北に益子に向かうとシンクに叩かれまくった経験が何度もあるので、まず北東に進路をとって雨巻山から益子に連なる低い尾根に最短でとっつき、そこから尾根沿いに北西に向いて進む作戦をとる。
。。。狙い通り尾根上につけるが、思ったほどの上がりがない。北東の風に流されるように尾根上を西に下ってゆき、尾根が切れたところのリーサイド、益子の街の南2kmくらいの集落の上で、今度は250mからまた必死にサーマルを育てる。ふと気がつくと少し北にランディングしているハングが1機。G気か?とするとこの辺の対流は実は全くスイッチが入っていない可能性もある。
しばらく350mで頭打ちで、ちょっと呼ばれそうになったが何とかこらえてまともに上がり始めた。

このサーマルで1500mまで上がったらさらに北上、それ以下だったら撤退と決めて懸命に上げるが850mで打ち止め。なのでリターン開始。
富谷の北西で1100m、さっき1400mまで上げた辺りで今度は1300mまで。

帰りのルートは山沿いではなく西の沖回りにして、動きの怪しい煙にいちいち寄り道しながらトステムの南まで来たところで650mで良いサーマルをゲット。上げながら足尾の方に目を向けると西面の低いところで回っている機体が2機。1機はハングっぽい。そうか西も飛んでるのか、それなら西LDでも安心。
結局このサーマルは1400mまで上がり、東へは問題なくリターンできる。しかしここで西や南の煙の具合がとても良さそうに見えたので、欲が出る。しかしこれは失敗で、明野の街まで行ってもサーマルがこない。さらに西にも面白そうな動きの煙が見えるが、あまり深追いせずにリターン。この時点ではもう一度上げ返せる予定だったが、この後は最後まで良いリフトにあたらず、結局山を越せなくなって西LDに降りる。2時間37分、53km(3TP)。

益子も街まで行けずに中途半端、ずっと修行のような飛びだったので、最後はすっきり飛びたいと思って欲を出しすぎてしまいました(回収に来てくれたK城さんありがとうございました)。
西面で上げていたのは岩瀬から先に戻ってきたS戸やんと西飛びしたパラだったようです。S戸やんは無難に東リターンしました。ここの所好調が続いているようです。

2日前の雨で地面が結構湿っていたせいか、地表があまり暖まらなかったようです。この時期は減率が良いだけでは必ずしも好条件とならないので難しいですね。

0801141200 tenkizu


080114.jpg




スポンサーサイト


Comments

次こそはがんがん一緒に行きましょう!
明日こそ宇都宮行けないかな
やられました
ええ、益子に降りていたのは私です。
小坂さんが上げたサーマルは、低すぎて、弱すぎて、粘れず・・・
最初猿壁で+4で上がり続けたので、調子にのったら降りちゃいましたよ。
ずっと小坂さんを追い回したかったw
やっぱりあったんですね
もう一歩南、いっそのこと下妻あたりまで突っ込もうか迷ったんですがw
筑波山の周辺は局所的に東成分が強めだったので駄目だったら絶対に戻れないと思って躊躇してしまいました。やはり煙を信じるべきでしたね。
リフトはありました
 ほとんど同時刻に筑波の西から鬼怒川までしっかりしているけれども細いリフト帯がありました。すこし外したようですね。                                                  私は宇都宮北西部の住人ですが、13日の天気はハードだったですよ。風は弱いもののの雲が垂れこめてたまに時雨の降る暗い一日でした。しかもその雲はかなりの速さで南に吹かれて行きました。

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索