Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月17日:足尾

一日中晴れの予報でしたが、なぜか結構な曇り空。どうみてもぶっ飛びにしかならなそうなコンディションでしたが、10時半頃にようやく晴れ間が出てきて11時過ぎからは徐々に対流も始まりました。

その後も曇ってタレたりまた晴れたりの状況が続く中12時前にテイクオフし、パラ前でガグルを抜け出て900m、加波山に移動して沖よりの雲で1100m越え。少し時間を使って雲が連なり出すのを待って雨引へ移動。
800mで雲の下にはいるものの気配がある割には上がりが悪い。南から急速に曇って来るのが見えているので少し焦る。それでも南東の風の中少しずつアゲンストに切り返しながら1050m。この頃に一気に雲が張って日射が急速に弱まった。急いで足尾に戻り始める。
燕山の手前は結構落とされて尾根を回り込んだ時には400mちょっと、NASAに届くか微妙な高さだがその後はアーベントのような弱いリフトがあり、デコ山に300mで帰還、ほっと一息。

その後曇った中も低いところからも1000mまで上がる条件が続いて、見た目よりも随分とソアラブルな良い一日でした。約2時間のフライト。

また寒気が頼りになる季節の到来です。
スポンサーサイト


Comments

この日は高度が上がるほど風が南に振っていました。私は燕で雲底近くから行ったので速度差がついたんだと思います。逆に帰りは進みが悪くてちょっと焦りました。
さて、もう一機は真岡まで流されていったという噂が...?
 ご迷惑かとも思いましたが、追跡して、見学させていたたきました。尾根の真壁側は南風だったのでしょうか。ついていくうちに離されてしまいました。たしか2機で行かれましたが、帰りは尾根の東と西に分かれたのでしょうか。
こっちは日射無し、寒気無し
Aニキ含め、こっちの山は全員ぶっ飛び。
今年一番のぶっ飛びでした。

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。