Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月25、26日:足尾

両日とも高気圧に覆われ、渋めながらまあまあの条件でした。
25日
朝方曇っていたので、遅めに足尾に到着。13時頃テイクオフし、渋めのサーマルで950m雲底まで上げて、サル公園で1回乗り継いで筑波に移動。筑波も渋かったが何とか雲底。ここで上空にいたSぴーが西に行ったものと思い込み、後を追いかけたつもりで西に発射する。雲が蒸発しかけているのは見えていたので、あまり深入りはしないつもりだったが、関宿を目指していたSゲトが下に追いかけて来ていたので、筑波の西の雲底で見送ろうと思って待っていたら、その雲も蒸発始まり、あたりどんどんブルーになる。サーマルトップも700mくらいまでしか上がらなくなり、Sゲトと共にリフトのサーチが始まるが、どうにもシブシブのエリアからの脱出は困難な状況になり、Sゲトは南へ、私は北へ別れて、いずれも復活ならず。私は真壁の滑空場に沈没。

26日
尾根線上の雲は素晴らしく、雲底は最初700-800mと低いものの対流は活発な様子。しかし、いかんせん風が西風...12時過ぎにCooのパラが西で上がりだしたのをみて、こらえきれずにSぴーに続いて西に発射。良さそうな雲のある加波山を一直線に目指すが、サーマルを捕らえきれず、リターンしてそのままずるずると城跡に8分で刺さる。
久々に気持ちの良い?ぶっ飛びでした。
Sぴーは低いところから上げ直し、茂木テストコースMax1500mで涼んでから、八郷への帰還はならずに岩間に沈。

しょうがないといえばしょうがない、でも不完全燃焼?な週末でした。まぁ、こういうときもあるよね。
スポンサーサイト


Comments

ハングの道に王道は無いってことですね。
単に平野の景色が好きで、すぐに西に突っ込みたくなります。
…ちゃんと考えます…
あとは
失敗も成功も含めて経験値を上げることですか。
一番単純なやり方は、東西南北、その日どっちの方向に飛んでくのが一番良い条件にあたるかを予測して実際に試してみる、そして何故そうなのか理屈をつけてみて、N籐さんに正解を教えていただく、この繰り返しですw
土曜はお世話になりました!
やっぱ、ポイントは「視野」なんですねぇ。勉強になりました。

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。