Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


7月28日:足尾 リハビリ

太平洋と日本海の前線にはさまれた感じの高気圧ゾーン。予報は曇りだったが、やはり朝から快晴。南風ベース。
昼前からしっかりとでき始めた積雲は雲底も割と高め。始めは西風だったので、ゆっくりめに上がって13時過ぎにテイクオフ。一月ほど前と同様、今日もやっぱり浮きが今ひとつしっくりこない。どうも湿気が多くて軽い空気とは相性が悪いのか??なんとか上がれるようになった頃には、雲も崩壊し始まり、高層雲もかかったりしてエリア全体が渋くなってしまい、頑張ってもトップ900mぐらい。一段高い機体もちらほらと見えるが、今日はそこまで行ける気がしないので、移動は諦めてとにかく降りないように時間を飛ぶことを目標に切り替える。曇りのお掃除タイムもネバネバと凌ぎきって、再び対流が少し始まった15時前、ちょっとだけ良くなったサーマルでサル壁で850mぐらいまで上がったところで北西方向をみると、なにやら怪しい雲行き。下をみればまだパラはテイクオフを続けているので、まだ積乱雲は遠いのかと一瞬思ったが、Cooテイクオフを超えてサル公園に向かう途中でいきなり+3m/sにヒットする。これは、もう積乱雲が近い証拠なので、これをラストサーマルと定めて、本日最初で最後の1000m越えで1150mまで上げ、筑波駐車場に挨拶に行ってからあとは引き込んでNASAに一直線。
グライダーをたたんで、ハーネスを避難させ終わったところで雷と豪雨が襲来。間一髪でした。
梅雨で腐りかけた体をリハビリさせるにはちょうど良い2時間余りのフライトで、今日一日で大分体調が戻った感じです。
スポンサーサイト


Comments

DHV こんてすと
ログをアップロードするのに、ガリレオ/コンペオのバージョンは上げないとだめ?そろそろいちかばちかトライしてみるか。。。。
私の上半期(1-6月)
29本、70:42(1本平均2:26)、1540km。でした。100km越えは7本で自己記録(6本、2005年)を更新し、記憶に残るフライトも色々とありました。やっぱり今年は条件良かったんですね。その代わり、7月以降は天気も自分の飛びも全く冴えませんが。
上半期決算報告
DHVで合計を出せなかったので、SeeYouとExcelで上半期の実績をまとめてみました。フライト本数=33本、フライト距離=1601.98Km、フライト時間=78時間52分。
3時間半以上飛んでるのが7本もあり、、一本平均で2時間23分とかつて無いくらい頑張って飛んでいます。
100キロ越えは3本、全て3旋回点です。100KmFAIトライアングルという大きな目標を達成した記念すべき年となりました。
来年は国内でストレート100マイルを飛びたいですね。

DHVコンテスト
聞いたこともない名前の人たちが、結構な距離を飛んでいて欧州の懐の深さをうかがい知れます。この中からGilのようにコンペ界に突然現れて、すばらしい飛びを見せてくれる人がでてくるに違いありません。
私も日本にも頑張って飛んでる奴がいるっていうところを見せたいですね。
しばらく見に来てませんでした。コンディションも飛びもぱっとしないと、あまりやる気もおきず、、、
>クラウドさん
この日は雷雲の前には高層雲がかかるタイミングはありましたが、ずっと晴れてました。でも、積乱雲は下館あたりに急速に発達したようなので、もし筑波山界隈に来られてたら、帰還が遅れるとちょっと危なかったかもしれません。
>Yもとさん
同じ条件で飛んでたとは思えないんですけど、、、。
ところで、今回のログアップしてるDHVのコンテスト、周りの記録が凄すぎて気後れしそう。日の丸、目立つね。

サル公-岩瀬-笠間-板敷LDで45Km
意味不明の突っ込みでいきなり低くサル公園に行ってしまい降りるかと思ったが、何とか復活。風車が南向きだったので、日射のあった加波の南西面から上げて、Sぴーと一緒に雲底近く1150mまで上がったので、雲伝いに岩瀬に向けて発射。今ひとつ信用できなかった岩瀬の雲だったが150m上げなおす。下にいたSぴーが東に動いたので着いていき、ゴルフ場の上で1200mオーバー。いい気になって雲伝いに高峰方面の積雲の列を目指すが、この雲は遠すぎた。茂木側にこぼれたら帰ってこられなそうなので笠間方向に転進して、雲の東端を目指す。笠間ジャスコの北側の山では上がらなかったが、町には十分な日射があったので、期待を込めて前に出るとうまい具合にヒット。400mから1000mまで復活して何とか帰路に着く。GOTO足尾MLをセットしようと思ったら、Nearestパイロンが1万キロも離れてる。日本のウェイポイントは全部消したんだったあ。それでも50号を越えた先の雲で900mまで上げ吾国に突っ込む。ぎりぎり山頂を越えるが、板敷TOはまったりと条件待ちという感じで如何にも上がらなそう。無理に突っ込んでも足尾には帰れなそうだったので、結局板敷MLに降りました。頼りない雲が今日は案外頼りになりました。雨雲が迫っているということで、そのあと板敷TOからは一斉に飛び始め、みんな急いでブレークダウン。Windsportsの藤沢さんにショップまで載せて頂いたおかげで機体も人体も濡れずにすみました、有難うございます。
筑波から20kしか離れていないのに船田まではずーっともやっていて300m以上の高度が取れないくらいの視界の悪さでした。快晴だったなんて想像もできなかったです。わかっていれば無理しても飛んで行ったのに。山沿いは晴れていたのでしょうか、小山からは群馬の山が、宇都宮からは日光の山が見えたのに鬼怒川沿いでだけがもやっていたのでしょうか。

Leave a Comment


Body

プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索