Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22-Nov-08 Devil's Dyke

フライト2発目にしてサーマルゲット!

晴れ時々曇り、NNW 8-13m/s くらい
気温5℃、寒い。

木陰がないのでグライダーがひっくり返らないかひやひやしながらセットアップ。
なので予定よりもテイクオフが遅くなってしまった。
その間セールプレーンやらスイフトやらが頭上を東から西へ次々とかすめていく。
テイクオフ海抜高度215m、セールプレーン+100mくらい。
すごい高度でやってくるな。。。

なんとか無事準備を終えて13時過ぎテイクオフ。
風は強いが荒れてはいないので出やすい。
普通に歩いていればそのうち浮く感じ。

まずははリッジを西の端まで、といっても4kmくらい。
400m以下(以降海抜)でとりあえず1.5往復したあたりでリッジとは違う雰囲気のリフトを感じ、500m弱まで上がる。しかし風が13mくらい吹いているのでほとんど動けない。

しかし一旦TOに戻りかけたところで今度は600m弱まで。
北西方向に伸びるストリートが丁度やってきたタイミングで対流が強まったらしい。
それにしても、600mがかなり高いという錯覚を覚える。

そのままアゲンスト方向へ。
高度キープで4kmほど進んだところ、リッジから完全に離れた街の上でサーマルにヒット、1250mまで上昇。雲伝いに西へ行けないかと探りに行くが、アゲンストがきつくてなかなか進まず。
この頃、谷を一つこえた西側のリッジからセールプレーンが続々帰ってくる。

なるほど、今日みたいな日はそうやって結構動けるのか。
やはりテイクオフが遅すぎたみたい。

高度が落ちてきたので戻り気味でサーマルサーチしたら、今度はほぼ雲底1350mまで。
バリオの温度計は-1度、日射がなくなってきたのでとても寒い。

上げきった頃には一帯がオーバーキャストになってきたので、風上の Henfield という街まで行って、TOに戻って15時過ぎにトップラン。

機体を畳んでいる間に日はどんどん傾き、16時過ぎには日没。

Sぴーではないがサル乗りが高度を落とすのに有効、初トップラン挑戦だったので少し緊張したが、
あっけなくセーフティ。
約2時間。一番西に出たところでTOから8kmくらい。

どこに居ても、寒気が入れば対流はあるものだと改めて納得した一日。
次、がいつになるか分からないけど、12時には出れるようにしよう。

しかし、ここのエリアに日本から誰か来て飛ぶ可能性はほぼ無いし、このログを公開する意味があるのか?と思わないでもないが。。。


大きな地図で見る

スポンサーサイト

Finally,,,

どうにかこうにか初フライトできました。


高度差150m、北西向きの斜面で風が西北西、幅1kmのリッジ。
天気はどん曇たまに小雨、遠くに晴れ間。

081116_Dyke_TO.jpg


風がもうちょっと北に振れていれば10kmくらいのリッジは使えそうだが、今日は飛ぶこと自体が目的なので良しとしなければ。

無事にセットアップし、無難にテイクオフ、ソアリングし、無事に降りました。
本日のタスクコンプリート。

50分くらい。

ちなみにバリオを家に忘れて、ノーバリオ。
安定したリッジだったので問題はないものの、間があくと家を出発する前からリズムが狂ってしまうようです。

そういえば、バリオのみアルチのみで飛んだことはあるけど、どっちもなしで飛んだのは初めてかも。


081116_Dyke_landing.jpg

写真の奥を良く見ると沢山浮いているパラ。タンデムを除いて全員トップラン。

ハングもトップランできるらしいが、今日は慎重に行きたかったのでやめておきました。


朝エリアに向かう時も時々小雨、飛んでるときもポツポツ、帰り道も降ったり止んだりで、実にこの国らしい天気を堪能した一日でした。






Cross Country

現地の会員登録も済ませ、機体の用意もできたものの何やかんやでまだ飛べていませんが、とりあえず生きています、ということで。

Cross Country magazineの本社の近くに用事があったので、ついでに捜索してみました。
なかなか見つからず、ふと休憩したら目の前にありました。

(「For Sale」の看板の下)

XCmag office


XCmag office2

Bo Peep というエリアでパラを発見。
Bo Peep


後ろの丘からテイクオフ。高度差90m!の斜面をさらに50mくらい下がって飛んでいる機体もあるが、結局一機も降りて来なかった。高度は低くても風が吹けばリッジのかかりは抜群らしい。。。。
日本で言うと、、、、生坂、、、いや烏山?
2007年にはこのエリアから Steve Cook (元Class1 British Champ)が片道90k(足尾-白河くらい)のO&Rを達成している模様。ちょっと想像ができません。

今の季節はさすがにもう日が短くて、フライトできたとしても良くてリッジですが、飛べたらまた報告します。






プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。