Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
02


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はずれ続き

足尾はこの週末もダメそうですね。
いや、足尾に限らず丹沢西富士も無理かも。
今年は未だ日光ラインに乗れず。。。

080222 tenkizu48h

スポンサーサイト

2月16日:足尾 西強風

あまり期待していなかったが、水戸のウインドプロファイラを見るとコンバージェンスがきてるようなので、チャンス有りとみて足尾に向かう。

12時過ぎに機体を組み上げた頃には、ラインが少し弱まったのかガストがテイクオフに入るようになってきた。遅くなるとますます強くなると予想して、12時半過ぎにさっさとテイクオフ。
30km/hくらい吹いていて、あまり上げる努力をしなくても気がつくと1400m。雲はあと1000mくらい上。雲伝いに行けばどんどん上がっていくだろうと思って加波山に移動したら700mまで下がり、しかも渋く、しかもさらに風が強い。雨引方面を伺いつつ周辺でリフトを探すが、Max1100mくらいしか上がらず。東方向にはラインがまだしっかり残っているが、この高度ではとてもたどり着けない。そのうちに段々風が強くなってきてバリオが風速48km/hを記録し、辺りもブルーになってきたので、本日終了。

北のラインに移れればかなり風は弱まっていたはずなのに、ルートを見つけられませんでした。最初の足尾山付近できっちり上げきればチャンスがあったのかもしれません。
結局ただの強風フライトになってしまいました。

コンバージェンスエリアだとこんなに良かったみたいです。

丹沢な週末

ですね。3000mは行きそう。

足尾は飛べるか微妙。

200802150900 tenkizu24h

2月11日:足尾

高気圧どっぷり、上空にはまだ抜けきらない寒気。

当然風は弱めなので、日中のうちに寒気が逃げて行かなければ久々に距離を飛べるかも、と期待して登頂。
昼頃は風向きが安定せず、しばらく西になったりしたものの、合間を見て飛び出して行く機体はどれもサーマルにヒットするとかなりの勢いで上がっていきます。
今日の条件としてはやや遅めの12時40分ごろテイクオフ。
サル壁に着く前にヒットし、+2m/s1本調子で1350mまで上がる。丸山の雲に移ってもう一度1350m。
北方向は加波山にもう一つ雲があるがその先は高峰までブルー。東方向は難台山に立派な積雲、そこから北方向にはストリートっぽく連なる。少し考えて、一旦難台山に行って上げ直すことにする。
難台山800mで到着、+3m/sをヒッて4分後には雲底1550m。雲を辿って笠間方向に北上開始。

笠間で再度雲底1550mにつけ、ストリートの端まで行ってから東北東方向に変針し、飯田ダムの南の雲につける。
この雲は見た目より弱かったが粘って1400mまで上げ、ここからさらに北北東方向に連なる雲を伝って城里町の自動車研まであまり落ちずに移動。
大きな雲の下につけるがすぐにはサーマルに当たらず、雲をはずれて少し西へ行ったところ、1300mで+3m/sにヒット、雲底1600m。

ここまではとても順調。
このあたりでは、「那珂川まで行って、下層は海風が入ってくるだろうから茂木回りで帰ろうか」と考えていた。
しかし、那珂川の後、雲の下に戻っても上がらない。。
とても弱いサーマルで60mほどゲインするが、地上は雲の影であまり暖かくなさそうだし、雨の影響で結構湿っていそうな雰囲気。
困っているうちにそのサーマルも950mほどで止まってしまい、なし崩し的に那珂川沿いに風下に流す。が、シンクエリアに飛び込んでしまったようでなす術もなく御前山に沈む。1.5h、44km (3TP)。

ちょっと欲張りすぎたか?
80kmは行きたかったのですが、気持ちが先行しすぎたかも。
今日の雲は頼りすぎると危険だというサインはあったのですが、ブレーキをかけるのは難しいです。。。



大きな地図で見る

2月2日:足尾 曇りですが

天気図では高気圧ど真ん中。しかし上層雲がかかってしまって日射が弱々しく、いかにも上がらなそうな空気です。しかし、上空にはまだ寒気が残っていて減率は悪くありません。ちょっと地表が暖まれば対流はすぐに起こってくれそうです。
案の定ほぼ曇り空にも関わらず11時半頃にはちらほらと上がり始める機体が出てきました。

それ見てから山に上がったので、テイクオフは12時50分ごろ。
地面は決して明るくはないものの、弱いリフトもすぐに途切れることはなく、900mまで上げて筑波方向へ。湯袋峠で650mくらいからM本さんと+0.5m/sあるかないかの弱いリフトで900m。筑波山では1250mまで上昇。

東の盆地内を少し探りにいくが、平地部は空気が動いてない感じなのですぐに尾根筋に戻り、燕まで行って1100m、これがラストサーマルであとはもう一度少し沖に出してやっぱりだめで終了。約2時間。
大して上がっていないのに降りる頃には手が冷え切っていました。

寒気が入ってそうな日は、どんなに曇っていてもとりあえず行ってみると良いことがあるかも、、という日でした。
ただ、ランディングを失敗してしまったのはいただけない。。。


大きな地図で見る

9時の館野のエマグラム
0802020900ema_tat.gif


13時の日照
200802021300-00.png



プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。