Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
4
6
7
8
9
10
11
14
15
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
29
30
31
01


1月26、27日:足尾 

26日
冬型でコンバージェンスがくるパターン、寒気もばっちりで結構期待できる条件でした。
さすがに西風だろうと思っていたら、八郷は東が入っていて10時過ぎからパラもハングも上げています。この時間は max1600mまで上がってかなり遊べたようです。
私が上に上がる頃には西風になりましたが、減率が良いのであまり気にすることなく12時50分頃テイクオフ。
上がりは0.5m/sくらい、シンクは -2m/sくらい。コンバージェンスの狭間のシンク帯でサーマルが上から潰されている感じで、40分のたうった挙句ぶっ飛び。
リズムも悪くて上がれる雰囲気が薄く、全然だめな一日でした。

14時頃からまた良くなってきて、誰でも上がるバカチョンな条件になり、15時半頃にはコンバージェンス本体、というよりは前線といってしまった方が良い北西風がばんっと入って終了。
北に見える立派な雲の並びを眺めながら、とても消化不良な一本でした。


27日
朝のエマグラムでは上空には寒気が残っていて地上気温が8℃まで上がればサーマルトップは2000m越えが期待できそう。でも逆転層が結構濃くて近場には雲は全くありません。
見た目ではかなり渋そうな条件だし、昨日はタコっているので今日のタスクは3hデュレーションです。

風はずっと西ですが、Cooのパラも西TOから出た足尾のパラも午前中からステイしています。私は少し様子をみてから12時40分頃テイクオフ。

昨日と同じように、楽に上がれそうな雰囲気はあまりない。それでも足尾山周辺で3発乗り継いで1050m、尾根の東面を探ってみたらシンクだらけ、たちまち貯金をはたいてテイクオフレベルまで下がる。
SぴーやDモンさんと共にCooの尾根で荒れ気味のサーマルで900m、ここでは筑波へ突き進むDモンさんを見送り、次のサイクルではやはり筑波へ向かうYもとさんを見送り、私はずっとステイ。というより移動するとすぐにシンクにつかまってしまい動けない。前日に引続いてリズムが悪い。

次の周期で上げながら筑波方向を見るとYもとさんがトップアウトしているのを発見。筑波まで行くと上がるのか、じゃあ行ってみるかと900mで発射する。
どんどん高度を失って筑波山西の山麓のつくし湖まで出て行く羽目になり、270mまで下がってアウトサイドを覚悟するが、何とか復活。山頂へ寄せる前に1300m近くまで上がる。これは山より平野の方がいいんじゃないのか?
ずっと西の煙を観察していたが、サーマルが立ち上がっていそうな動きを見せている所も結構あるので意を決して下妻ジャスコにアタックすることに。時間的にもちょうど14時で、これから1時間が気温のピークタイムになるので丁度いい。

そこここの煙の動きを見ていると、やや南よりのエリアが何かありそうな怪しげな動きをしている。なので途中から南に折れて、560mで弱いのにヒット、上がりが弱くなったらどんどん南へとずらしていって、ほぼ125号の上で1040mまで上げ返す。
ジャスコ650mで折り返し、南東方向の煙が収束していそうな場所を狙って行くとビンゴ!450mから1400mまで復活する。
筑波山へはワングライド700mで到着、上げ返しを図るが不発。だらだらとCooの尾根まで戻って330mから850mまで上げ直して無事に東へリターン。
まだちょっと3時間には足りないかも、と思っていたらNASAの東で弱いリフトを発見。270mまで下がっていたし八郷盆地側はもう冷え始めているようだったので全く期待はせずに回していたら、弱いながらも770mまで上がってくれた。このラストサーマルを上げきり、最後は病院まで足を延ばして16時10分ランディング。
3.5h、46km (3TP)でタスク?コンプリート。

結局2000mには遥かに届かない条件でしたが、この時期は海風が入りにくいので移動はしやすく、足尾を脱出できれば結構楽しめました。というより足尾付近が一番渋いのに、私はそこにステイしていたようです。
一旦脱出すれば皆好きな方向にばらばらに飛んで行き、北方向は加波でMax1600m、富谷山で1500mまで上がり、最長は益子O&Rだった模様。
良い一日でした。

2連荘でぶっ飛ばなくて良かった。。。。





大きな地図で見る
0801271200tenkizu.gif

スポンサーサイト

1月19日:足尾 高峰-飯田ダム-友部SA-NASA

緩む冬型、強めの寒気。足尾付近は午前中ブルー、午後になってたまにパフが浮く程度。 ちょっと北側の雨巻-笠間-友部には13時-15時過ぎにしっかりとした積雲。風は北風、終始弱め。

足尾のハングテイクオフは弱い西風で、Cooのパラも西飛びしていました。1月なのに午前中から上がっていて、この時間でトップ 1400 m はあったようです。しかし12時頃に東西に延びた帯状の高層雲が日射を遮ってしまい、足尾周辺は全く上がらない雰囲気になってしまいました。それでも減率は良いので、少しでも地面が明るくなればサーマルが上がりそうです。
本日のタスク?はG気やTた達は飯田ダムで1次会、2次会は自由行動!という話になっていました。雲の感じもそっちの方向(笠間方面)が良さそうな感じ。

やがて13時近くなり高層雲の隙間から日射が復活してくるとSぴー後半1番手で西にテイクオフ。続いてHりん、私と出ます。
足尾山のあまり形の良くないサーマルだが粘って 750 m、加波に移動して 1300 m。しかしここで 1600 m まで上げたHりん、G気、Y口にあっさり置いてかれる。板敷方面に発射した3機を見送りつつSぴー、N籐さんと 1850 m まで上げ直し(13:45)、私はちょっかりで高峰を目指す。1400 m より上は北風アゲンスト強めで進みが悪いが高度の貯金にものを言わせて高峰800mで到着。手前の石切山脈でHりんがかなり低いところで回っている。これは加波でどっぷり上げきって正解、、と思ったらG気とY口は数百m上にいたw

G気は1500mほどで飯田ダムへ向かいつつも途中で南へ向きを変え、板敷方面に戻って行ってしまった。Y口は反対に西方向へ消えていく(その後富谷山から東へ戻って笠間から八郷へ帰還)。
SぴーとN籐さんは私が高峰へのグライドで景気良く沈んでいくのをみて賢く雨引方向へエスケープ、富谷山から雨巻であっさり雲底 1900 m (Sぴーは風上の雲の前面で 2100 m)まで上げたらしい。

私はG気から数分遅れで1500mまで上げ返し、仏頂山の東側の雲へグライド。しかし、シンクがやたらきつく、しかも雲の下についてもろくなリフトがない。少し北にでき始めた雲も試すが、さっぱりダメ、迷走してシンクにはまる悪循環。仏の山峠670mでようやく崩れたリフトを発見、粘っていると上空に雲ができ始め、そのうちまともなサーマルになって復活する。
1700mまで上げてブルーホールの飯田ダムに向かうも、案の定延々とシンク、シンク、シンク、、5.5 km 先のダムを 940 m でターンし、5km 南下して笠間の街の上390m、このまま地面までシンクなんじゃないのかと思われた所でようやくサーマルに当たった。このグライドは 11.5 km 飛んで平均沈下 -2.3m、L/D 8.9。

14:40と時間も遅く、高層雲も張り出してきていて日射が弱まっているのでラストサーマルかもしれない。しかしこのサーマルは日照の割には調子が良く、ほぼ雲底 1950 m まで上昇。さらにこの雲は具合良く東に延びて行っていたので、常磐道友部 SA を狙えそう。
途中まではほとんど高度ロスなく進み、SA を1400m でゲット。
あとは NASA まで 16 km ちょっと、L/D 12 くらい。既に完全に曇り空の下、いつまでもグライドパスが L/D 12 のまま岩間の愛宕山まで戻る。もうワンサーマルないときつい。地上の煙がこの辺りだけ南風を示していたので少し期待をしていたら、案の定 750 m で弱いサーマルにヒット。思いのほか粘ってくれて 1350 m まで戻り、これで NASA へ無事帰還。
15:45 ランディング。2 h 39 min, 57 km (3 TP)。

外へ出てちゃんと NASA まで帰ってきたのは久し振りです。
しばらく寒気が入りやすい状況が続きそうなので、これから良くなってくることに期待しましょう。

こちらにログの Google Mapへの貼り方が解説されていたので、ちょっと試してみました。


大きな地図で見る

1月14日:足尾 益子-明野-西LD

やや緩んだ冬型、関東近辺は風も穏やか、終日ほぼブルー。中層に寒気は残って減率は良いが地上気温もあまりあがらず、最高気温6度くらい。

風は西風と決め込んでゆっくりめに行ったら何故か東に飛んでいる機体が多数見えます。昨日に続いて風を読み間違ったらしい。
まあ昼から飛んでも条件的には悪くないはずなので、あまり気にせず11時過ぎに山に上がって機体をセットアップ。
その間に出た人達は結構上がっていましたが、機体が組みあがる頃にはテイクオフの風が不安定になり、しかも東側は高層雲の陰でしばらく渋くなってしまいました。

結局日射が戻って皆が再び出始めた頃には12時30分近くになっていました。私もその中に混じってテイクオフ。

最初ちょっと渋かったもののパラTOの前でパラが良い上がりを始めた下に潜って+2m/sで1450m。加波で1650mでブルーの中北上開始。
足尾近辺はほとんど無風でしたが、加波より北側は5-10km/h程度の北風アゲンスト。
期待の雨引ノーヒット1100mで通過。富谷山まで一気に渡る。

1月3日には富谷山に嫌われているが、2連敗はないだろうと高をくくってどんどん進む。
結構きつい沈下もあり、山の上に着いたときは500mをきってしまい、西面に出てサーマルがある予定がどんどん空振り、3日とほぼ同じところで230mまで下がってしまう。
弱い北風というのも3日と一緒、さすがにかなり気まずい。

ここでかろうじて弱いカスみたいなリフトを引っ掛け、必死に育てて後から上にかぶってきたG気と一緒に1400mまで復活する。
200mほど下に入ってきたS戸やんはそのまま通過。どんどん低くなって景色に紛れてしまった。

このサーマルの上がりっぷりからようやく地上も気温が上がってスイッチが入ったと判断し、とりあえず益子を目指してみる。そこで調子良かったら宇都宮を伺う算段。
ただしダイレクトに富谷山から真北に益子に向かうとシンクに叩かれまくった経験が何度もあるので、まず北東に進路をとって雨巻山から益子に連なる低い尾根に最短でとっつき、そこから尾根沿いに北西に向いて進む作戦をとる。
。。。狙い通り尾根上につけるが、思ったほどの上がりがない。北東の風に流されるように尾根上を西に下ってゆき、尾根が切れたところのリーサイド、益子の街の南2kmくらいの集落の上で、今度は250mからまた必死にサーマルを育てる。ふと気がつくと少し北にランディングしているハングが1機。G気か?とするとこの辺の対流は実は全くスイッチが入っていない可能性もある。
しばらく350mで頭打ちで、ちょっと呼ばれそうになったが何とかこらえてまともに上がり始めた。

このサーマルで1500mまで上がったらさらに北上、それ以下だったら撤退と決めて懸命に上げるが850mで打ち止め。なのでリターン開始。
富谷の北西で1100m、さっき1400mまで上げた辺りで今度は1300mまで。

帰りのルートは山沿いではなく西の沖回りにして、動きの怪しい煙にいちいち寄り道しながらトステムの南まで来たところで650mで良いサーマルをゲット。上げながら足尾の方に目を向けると西面の低いところで回っている機体が2機。1機はハングっぽい。そうか西も飛んでるのか、それなら西LDでも安心。
結局このサーマルは1400mまで上がり、東へは問題なくリターンできる。しかしここで西や南の煙の具合がとても良さそうに見えたので、欲が出る。しかしこれは失敗で、明野の街まで行ってもサーマルがこない。さらに西にも面白そうな動きの煙が見えるが、あまり深追いせずにリターン。この時点ではもう一度上げ返せる予定だったが、この後は最後まで良いリフトにあたらず、結局山を越せなくなって西LDに降りる。2時間37分、53km(3TP)。

益子も街まで行けずに中途半端、ずっと修行のような飛びだったので、最後はすっきり飛びたいと思って欲を出しすぎてしまいました(回収に来てくれたK城さんありがとうございました)。
西面で上げていたのは岩瀬から先に戻ってきたS戸やんと西飛びしたパラだったようです。S戸やんは無難に東リターンしました。ここの所好調が続いているようです。

2日前の雨で地面が結構湿っていたせいか、地表があまり暖まらなかったようです。この時期は減率が良いだけでは必ずしも好条件とならないので難しいですね。

0801141200 tenkizu


080114.jpg




やられた

まさか飛べてるとは。。

つくばは強風のち昼過ぎから爆風、等圧線の傾きからはコンバージェンスの可能性もあるとはおもってたけど、関東近辺の等圧線が混んでいたし、家の近くの木が物凄い揺れ方だったので、、、

油断しました。。

アメダス見るとコンバージェンスが日光からしっかり。
誰か宇都宮行ったかなあ。


0811131200 tenkizu


200801131400 kaze

ナミビア

前にちょっと紹介しましたが、いよいよ始まったようです。

チェックフライトでいきなり4800mですか。。。
まあ、日本も3000m上がってるしな、、、

2007年まとめ

総飛行距離2284km(3旋回点)
50フライト
112時間(フライト平均2時間15分)

2006年の記録はこちら

10月までは2005年を越えるか!と思われましたが、11月以降の条件がしょぼくて伸び悩みました。終わってみれば昨年よりは少し良かったくらい。
総距離ではYもとさんとSぴーにさらに上を行かれました。

でも前半はとても条件が良く記憶に残るフライトが多くできました。特に板敷のクラス1日選ががっちりはまった3月後半の「奇跡の一週間」は凄かった。
といっても私は条件が弱めの2日間しか飛んでいませんが、 135km FAIトライアングルを達成したフライトはこれまでのキャリアで最も印象深いものの一つとなりました。

他にも記事にはしていませんが、GWにもとても感動的なフライトができました。
100km越え(3旋回点)も全部で7本で、これは自己最多となりました。

2007.jpg



1月4日:足尾

まだ寒気が残ってるし周囲には雲もそこそこあるので、今日こそはすかっと飛びたいところです。

午前中は北西風がやや強かったもののお昼ごろから急速に落ちてきました。しかしそれとともに辺りはまたしてもブルーコンディションになり、13時20分頃にテイクオフするが今日も渋い。

20分くらい我慢してようやく1050mまで上げた頃、丸山風車のやや東側に割としっかりとした積雲が出来たので、今日は八郷盆地側に山越えする。雲の下に850mくらいで辿り着き、あっちやこっちへ昇り口を探すが、、、今日も上がらず。40分で終了。

サーマルの探し方が良くないのかと思ったが、この時間帯に東に越えた機体は全機撃沈したので、盆地の対流がとても弱かったようです。
その後は西でもステイするのは割と大変だったようで、上がった人でも1300mまでしかいきませんでした。

ぴりっとしない3日間でしたが、そろそろ足尾もはじけるコンディションが来て欲しいところです。

1月3日: 足尾

予想通り風は弱まり、10度まで気温が上がれば1500mくらいは上がりそうなエマグラム。ただ気になるのは足尾近辺が完璧なブルーで、それほど簡単な条件ではない予感もありました。

昨日とほぼ同じく13時10分ころ西にテイクオフ。
今日は割とすんなりと950mまで上がり、加波山へ移って1200m。昨日と同じように笠間の北側に積雲があるので発射するタイミングを窺っていたら、北西方向からコンバージェンスラインが二宮あたりまで急に伸びてきた。この雲をトライすることに方針変更して、雨引へ向かう。まだ雲の先端は足尾山系に到達していないが、既にコンバージェンスの下に入っているのかあまり落ちずに雨引に到達。1050mまで上げ直し、富谷山に出来た雲に進む。このグライドもあまり落ちずに50号を渡って800mで雲の下に到着。これは貰った、、、と思ったがなぜーーーーか上がらない。あれ?あれ?あれ?という間に高度を失い、気がついたら富谷山の麓にランディング。

ふとストリートが連なる北西方向を見ると、ハングが2機上げている。
最初は渋かったが、途中からどんどん上がりが良くなり1500m以上は上がっていた。
これはSぴーとチューくんだったらしい。私の後に雨引で2000mまで上げて頭を越えて行ったらしい。当然二人ともNASAに足尾に帰還です。

ちょっと先を急ぎすぎたか、、狙いは間違ってなかったのですが残念な一日でした。

1月2日:足尾

冬型強めですが等圧線の傾きはコンバージェンスが期待できそう、、ということで初飛びに行きました。

笠間の北から宇都宮日光には美味しそうな雲の列、しかし今日はラインが南下してきません。予想よりも西風が押し気味のようです。
こうなると足尾付近は強風気味になるし、コンバージェンスの谷間でブルーホールとなり上がりは渋くなるパターンです。


等圧線は日中緩んで風も落ちると読んで、ゆっくりめに山に上がって13時10分頃西にテイクオフ。

足尾山の前で良いサーマルにヒットし、すぐに800mまで上がるが上空は30km/h以上吹いていてサーマルが千切れるように消えてしまう。
しかもその後は結構しぶい時間が続き、500-600mでうろうろ。30分くらい経ってやっと900mまで抜けて加波へ、リッジぽく1050mまで上げてアゲンストの中雨引へ進む。 しかし雲がないので上がらない。600mで鉄塔クリアしてとっとと引き返す。

加波でさっきよりも高い1200m、さらに南下してきのこ山の前で本日一番のサーマルで1350m。ちょっと沖を探ってやっぱり駄目なので強風域の筑波山西面にとっつき、40km/h越えの強烈なリッジで1300mまで上げて筑波山神社を拝む。この時一瞬対地速度4km/hを記録。ATOSでは丹沢でウエーブにはまった時以来か。もう15時も過ぎたのでそろそろ降りる準備で東へリターンし、少し残っていた対流で20分ほど時間を潰して風が落ち着くのを待って15時半ランディング。2時間20分。

自分が最後かと思っていたら、朝は見かけなかったSぴーが16時20分頃に降りてきました。私が降りた後にようやく出来たコンバージェンス性の雲を使ってMax1400mで遊んでいたらしい。
最近は非サーマル性のリフトを狙うのがローカルなトレンドです。

コンバージェンスがいい時間に来てくれなかったのは残念でしたが、初飛びとしてはまあまあの条件でした。
もっとも丹沢や西富士は3000mで大爆発だったようですが。
明日は風も落ちて寒気は残るので今日よりは良さそうです。


プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索