Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
26
27
28
29
30
06


TP10

20070625222717.jpg


税込3,900円+送料

いつ予約したのか忘れるほどTP09から間が空いて、もう出ないのかとも思い始めた頃に、突然送られてきました。
まだパラパラとページをめくっただけですが、写真の美しさは相変わらずです。これらの写真を見てるだけでも、飛びに行きたくなります。
今号の記事は擂り鉢論、1200kmウエーブフライトにトランスジャパンなど。

そういえば、ハングフライヤーも結構読んでると思われるクロスカントリーソアリングは先頃1,000部完売だそうです。予約が200部集まれば増刷するらしいので、買い逃した方は友達も巻き込んでがんがん予約するしかないですね。

スポンサーサイト

6月23日:足尾

前日の夜になるまで晴れの予報ではなかったのですが、前線が南に押しやられた感じで北の高気圧が張り出してきました。夜半まで割と激しく雨が降った割には、全般にブルーコンディション。尾根線上にのみかろうじて積雲ができています。本流は南、ハングTOはなかなか正面から入ってきませんが、11時ごろからぽつぽつと風を見ながら飛び出し始めます。サーマルは良好で、シングルもガンガン上がっていくコンディション。私もしばし風待ちを余儀なくされて、ようやく12時過ぎにテイクオフ。サル壁で700mぐらいまで上げてから、パラ尾根に移動し、+2m/sで雲底1650m。思ったよりも雲底が高い。ただ、1400mを越えたあたりから北風にスイッチしており、1600m辺りでは20km/hぐらいふいていて、雲から離れるとかなり荒れている。危ないのでベースバーを引き込みながら、とりあえず筑波に行って再度雲底、そのまま次の雲を狙って不動峠まで行ってみるが、着く頃には崩壊してしまったので深追いせずリターンし、来た道を辿って筑波経由で燕まで北上。ここで1700mまで上がったので、さすがに高峰は届くだろうと見積もって、50号谷渡り開始。1700mではアゲンスト30km/hだが、高度が下がれば南風になるはず。石切山脈から採石場を探るがノーヒット、そのまま高峰の前を500mぐらいで西に通過、450mを切ったあたりでようやくサーマルヒット。しかしこの一帯は沈降帯なのか、先程までとは全く違った雰囲気。高峰はいつもなら雲ができるのに、今日はその気配なし。風は南西。なかなか上がらず困ったところでようやく1000mまで上がれるサーマルに遭遇する。しかし、北東方向の積雲に誘われるように低い高度で動いてしまい、悪いことにその積雲も崩壊してしまってサーマルも掃けてしまったようで復活できず、笠間の北に降りる。

ブルーの時に辛抱が足りない、ある意味自分らしいとも言えるフライトでした。
Yもとさんは同じ頃、岩瀬の上で私よりもさらにもがいていたらしく、その後時間をかけてきっちり復活し、仏頂の北奥の鶏足山まで行ってからしっかり高度を稼いで足尾リターンを果たしました。さすが。
今日は珍しく最後まで海風が入らず、おかげで足尾山系は17時ごろまでサーマルコンディションで楽しめたようです。

今日のフライト 48km (Yもとさん80kmぐらい)


070623.jpg

6月16日&17日:足尾

16日は快晴。足尾に行くものの、北北西の風が強めでテイクオフが嫌な感じだったのでテイクオフにも上がらず。何人か飛んだのをみてる限りでは問題なさそうでしたが。その代わり、17日は朝イチで上がって8時半にテイクオフし、9時間のセットタイムをやろう、ということでNASA7時集合と打ち合わせて撤収。
明けて17日、6時前に起きて足尾の風情報をみると、、、西風、、。がっくりきて二度寝して、結局NASAに着いたのは9時半近く。その頃にはテイクオフの風はほぼ無風になっていて、東に変わるのは時間の問題という雰囲気だったので、急いでテイクオフに上がります。上に着くと、Sぴー、Yもとさん、himioさんが既にグライダーを組んでいます。風ももう東が入ってる。私もそそくさと組んで、9時間は無理なのでとにかくできるだけ長く飛ぼうということで、Yもとさんと続いて 11時2分にテイクオフ。Sぴーは30分ほど前にもう飛んでいます。コンディションは、積雲豊富で雲底は初め900m、のち1200m、弱い南東風のち東の海風強風の、典型的な夏のコンディション。
すぐに1000mまで上がってまずは筑波山で皆集合、その後折り返して加波で雲底。Sぴー上げきらず足尾に戻る。私とhimioさんは板敷方面へ渡り、小富士峰で900mちょっと。沖周りで雲底に現れたYもとさんに引っ張られて難台へ移動。先行する二人は雲底から南東方向の真家に向かう。私は+3m/sでこれまでより高い1200mまで上がったので、そのまま北へ発射(12:11)。時間はたっぷりあるので、前半はブレーキを踏みながら高度をキープすること最優先。サーマルは良く、高峰、雨巻と雲底、さらに4kmほど北上したところで1300m越え。ここから狙った雲が空振りして少し迷走するが、市貝(足尾から30km)で750mから雲底1250mまで復活(13:10)。ここからは南北にストリートが形成されているので、これを伝って北上。1000m-1250mの間で調子良く移動して、13:42 に足尾から約51km地点、喜連川にある雲で折り返し。帰り道は徐々に西にシフトしてくる雲のラインの西端を伝って南下する。10kmほど戻ったところでSぴーとニアミス。相変わらず無線はやってないのに、コースを決めているかのように誰かと遭遇する。
14時を回った辺りで急に雲底が上がり、1400mを越え出し、雲の脇では1500mまで上がるところも。芳賀町花王工場(足尾から28km)の脇をかすめたあたりで雲が南東方向に曲がっていく。しかし、そちらを伝っていくと海風の影響で高峰付近でラインが終わり、その先がブルーになっているはず(雲でよく見えないが)。東に向かうほど海風の入りが早いので、ここは多少遠回りでも西寄りのコースが安全と考え、南西方向の雲にジャンプを試みて、真岡の街に向かう。狙った雲を外してピンチに陥るが、東に向きを変えて小さな集落を目指し、そこで当たらなかったらランディングも覚悟したところ、350mでようやく狙い通りのサーマルヒット。
雲底1200mまで復活(1450m)してからゴールデンレイクスCCに向かい、そこから雨引方向に延びるストリートに期待する。雲は途中まで何とか生きていたものの、加波山方向にグライドし、最後の一発として必要な雨引の雲は吸い上げてくれない。低高度ほど海風が強力に入っているのが、木々のなびき方で見てとれる。
それでも板敷には確実に届きそうだが、なんとか足尾東LDまで戻りたい。そこで、もう一度北西の岩瀬方面に戻りつつ上げ直して次のチャンスに賭ける。が、海風が強まってどんどん条件は悪化していき、ついに雲底まで上げることもままならない程対流が弱まり、結局高度を有効に移動距離に変えられないまま16:02岩瀬にランディング。丁度5時間のフライト。

普通に夏にありがちの条件でしたが、思ったよりもたくさん飛べた一日でした。これで今年の100km越えは7本目となります。
夏はフライトマイルを溜めるのに、実は向いている季節なのかもしれません。

Sぴーは足尾から直接西の平野に出て北上し、私とすれ違った地点(足尾から40km)で折り返し。その後は私より一本東側のラインをトライしたものの、やはり早めに海風に捕まってしまって益子まで。
Yもとさんは真家から足尾に戻り、Sぴーに少し後れて、ほぼ同じルートを北上。市貝から東に向いて茂木に入り、対流の死んだゾーンに捕まって沈。
himioさんもやはり足尾から西に出て旧協和町まで北上後、平野を南下して筑波山につき、しっかりと足尾リターン。
いずれも楽しいフライトでした。

今日のフライト 116km

070617.jpg


赤:kosaka
水色:Sぴー
紫:Yもと
黄緑:himio

6月3日:足尾

昨日と似たような天気、積雲多め、後半海風入る。雲底1100m。

今日も昼頃に出て、昨日と同様サーマルに翻弄される。何故か分からないが、うまく上がりません。自分の調子が悪いのかと思ったのですが、Yもとさんも同じようにもがいていたので、どうも先週までの飛び方から夏モードにうまくスイッチできていないようです。今日はそれでも30分ほどもがいた末にようやくサル公園で雲底につけ、筑波の手前で一段高い雲の下で1200m越え、そのまま雲伝いに下妻方向へ発射。しかし、当てにしていた雲がどれも全く吸い上げてくれず、しかも何故か結構なアゲンストでグライドも延びず、ワングライドでジャスコにも届かずに刺さりました。やっと上げたのに、これかよ、というストレスフルな週末の2フライトでした。Sぴーは少し遅れてやはり筑波から西へ出て、風に逆らわずにもっと北よりのコースで小貝川まで出てから、低いところから上げ直し、その後南風に流されながらホンダ付近まで北上、MAX1300m。他の人達は賢明に盆地内を飛んでいたようです。
筑波-茂木のラインで雲が発達したので、この向きで動くのが本日の正解だったかもしれません。

夏型の雲は、生きているかどうか見極めが難しいです、、。
あと、周期が短いので、グライドをかけるタイミングもなかなか読めません。5分違っただけで全然違う展開になることもしばしば。
それにしても、毎年同じような失敗を繰り返してるような、、、。

ところで、今年の北関東は例年よりも麦が多く、そろそろ刈り入れが始まりました。次の作物が始まるまでのつかの間ですが、条件が揃えば西の平野に行ってもランディングが確保しやすい時期になりました。梅雨前線が上がってこなければ、このチャンスを生かせるのですが、来週以降の天気はどうでしょうか?

6月2日:足尾

前線の北の高気圧、晴れ&積雲、雲底1300m。午後に海風が入り、雲底が下がった後ブルーに。

条件はそこそこ良かったはずでしたが、、、ぶっ飛びました。
正確には、+150mぐらいはゲインして40分ぐらい飛んだものの、どこにも行けず。上がってしまえば盆地内は楽に動けてそこそこ楽しそうでしたが、、。
こういう日もあるということで。


プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索