Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
31
01


1月28日:足尾 馬頭

等圧線が緩めで、上空には寒気が入ってくるので減率は良さそう。風は朝から東で11時ごろには積雲もでき始める。朝から高層雲が時々日射を弱めていたが、14時ぐらいまでは対流充分。14時を過ぎると南から高層雲が押し寄せ、15時にはほぼ日射がなくなるが、積雲は結構遅い時間まで生きていた。

ひと言で言うと、3月初めぐらいの条件。好条件を期待していましたが日射の不安があったので飛ぶ前にタスクは決めず。12時前にテイクオフ。パラ前ですぐに良いサーマルをヒットするが、少し混雑気味なので、1000mぐらいまで上げてさっさと加波方面に移動。ちょこちょこと上げながら北上して、燕の東で1750m。北方向にも良い感じでパフが浮いていて、結構距離を延ばせそうな雰囲気。とりあえず那珂川リターンを狙うことにして50号渡り開始。すぐ後ろからSぴー、Chuuも追いかけてくる。50号に差し掛かったところで雲の下に着いて1750mまで返し、そのまま石切山脈の雲を伝って北上して仏頂山1650m、ここで後続と少し離れてしまった。次の雲は10kmほど先テストコースの上、辿りつくまでに崩壊しないことを祈りつつグライド開始。雲の手前がきついシンクだったが、850mでお目当ての雲の下に取り付き、途中1回乗り継いで1970m。ここまで順調に来てまだ12時45分、もう少し北に行けそうだ。そこでターンポイントを馬頭に変更。足尾まで帰れば往復100kmのO&Rだ。しかし、ここから北の那珂川沿いは基本ブルーで、コース取りも悪いのかろくなリフトに当たらないまま47km地点まで進み、-3m/sのシンクでたちまち対地400mを切る。90度向きを変えて那珂川の上に出て、お約束の300mまで下がったところでようやく+2m/sにヒットし、1550mまで復活。この頃北方向からやってきて1つ東側の谷の上で上げているセールプレーン発見。K合さんのファルケっぽいが。そちらには雲があるので様子を伺っていたがあまり上がりが良くない。結局上がりきらないまま南下していった。13時19分1350mで馬頭小学校(51km)でリターン開始。川沿いは南風が吹き抜けていて煙が地を這っているし、雲は東側にあるが、セールプレーンの上がりの悪さを見てしまってはちょっと行く気がしない。とりあえず来た道を引き返し4kmほど南下するが既にサーマルは終わっており、むしろシンク帯に代わっている雰囲気。このまま那珂川沿いに下っても降りてしまいそうなので、思い切って真西に変針して、もう1つ西側の谷筋にシフトを試みる。途中の丘陵の上のゴルフ場で450mぐらいでリフト帯に入り、上がりは良くないが我慢して1400m。上げている途中でさらに西側の高いところを北上するフレックス発見。Chuuコンバットだったらしい。この直前に2000m越えていたらしく、さらに西側を飛ぶのが正解だったかも。それに気づかぬ私は丘沿いに南下して、烏山に600mぐらいで到着。この頃には茂木より南は高層雲によって大分日射が遮られてきた。烏山はかろうじてまだ日射も積雲もあり、煙も向きが安定していないのでどこかでリフトが立ち上がっていると思ったが、探る所全て空振りで、そうしているうちにどんどん周辺も曇りゾーンに入ってしまい、やばい雰囲気に。いよいよだめか、と弱気になったところでリフトをかすめ、360mから700mまで復活。ここで下層に南東風が吹き込んできて煙が地を這い始めた。南風とぶつかっていそうな所を探りながら2kmほど南西方向に進んでビンゴ!+2m/sで550mから1250mまで復活。しかし上の積雲までは吸い上がってくれない。もう14時15分、たかだか10kmちょっと戻るのに1時間近くも使ってしまった。さらにあと40kmも戻らねばならない。ここから南方向には10kmほどストリートができているので、途中どこかで吸いあがってくれるのを期待しつつ南下開始。12-15km/hほどのアゲンストだが、高度のロスはそれほどでもなく、対地平均L/D15ぐらいで進んでくれる。しかしすっかり曇り空なので低くなると上げ返すのはかなり厳しそう。ランディング候補地を見定めながら進んでいくと、30km地点650mで弱いリフトにヒット。結構北に戻されるのでどこまで追いかけるか迷うが、そのうち+1m/sを超えるまともな上がりになってきた。しかしこれも1340mで打ち止め、雲底まで届かない。時間も14時40分、さすがにファイナルグライドか、と思ったその時少し西側の雲の横からATOSが突然現れ、南に滑空していくのを発見。SぴーかY本さんか分からないが、頭上の雲は生きているということは分かった。なら何としてもここで上げなければ、と気合を入れ直して、さらに西側に探りを入れる。と、また弱いながら上がり始め、遂に雲底について1900m。再度30km地点まで南下した所でもう一上げで本日最高の1990m、ちょうど15時。帰還するにはもう一上げ必要。益子から雨巻にかけて弱いストリートがあるので、益子の東側の高舘山を目指す感じで南下。しかし高度ロスはあまりないが、さすがに雲は崩壊しかかっていて機体は揺れるものの上がるほどのリフトはない。雲沿いに雨巻方向も少し探りを入れるが、下層は東が入っているのは分かっているので深追いせず、富谷山について最後の雲に期待を寄せる。しかしさすがに650mでどん曇では上がる要素は全くなく、雨引に渡ってリッジが効いている可能性に僅かな望みをかけるが当然上がらず、北関東道の脇にランディング。15時42分。

おそらく茂木から先のコース取りを大きく失敗してしまったのでしょう。確かにブルーだったけどもっと良いラインがあったはず。あと30分早く烏山をクリアできれば帰還できたかもしれないだけに残念。って、いつものパターンですね。

今日は上級者は茂木O&Rが多数。その中でもYもとさんは一際キレた飛びを見せ、久慈川到達!しかも山の中を烏山へ出てから雨引までリターンの110kmフライト。茂木で上からATOSもYもとさんでした。ログをみると1時間半ぐらいずっと1400m以上の高度域を飛んでいました。何か、次元が違います。Sぴーは旧七会村をぐるっと一周する感じで75kmぐらいのフラットトライアングル。

この冬の好条件はまだ続いているようです。

今日のフライト 103km

070128.jpg


下はみんなの航跡。

070128-2.jpg

赤:私
黄:Sぴー
緑:Sどやん
青:Chuu
紫:Yもとさん

スポンサーサイト

2168km

2006年の総飛行距離です。以前にも少し書きましたが、ここ数年は年間2000kmを目標にしています。途中までは無理かな、という感じでしたが12月に結構飛べたので何とか達成できました。海外では先日のForbes1大会だけで1000km以上のタスク距離だし、何と言うことのない数字ですが、日本国内だけでもこれだけ飛べるということを実証したいと思っていました。2005年に初めて2000kmに届いて、これで2年連続で何とか目標クリアできました。
この数字を達成するための最大の要因はやはり全方向に距離を伸ばせるという足尾の恵まれた環境、そしてL/D15に届く機体性能なくてはおそらく私の腕では無理でした。また、回収してくれる仲間の存在も、アウトランに対する心理的な壁を取り去るのにとても重要でした。

年間の足尾からの全フライトの航跡を書いてみました。

2006.jpg



ついでにこちらは2005年のフライト。

2005.jpg


フライトのレベルは2005年の方が圧倒的に高かったですね。2006年はリターン失敗が多くて距離の割には達成感に欠けた面は否定できません。

2007年は、出だしイマイチの感もありますがどんな軌跡が書けますことやら。

1月21日:足尾

北東から東の風、午前中は晴れ、午後から徐々に高層雲がかかって日照弱まる。雲底1000mぐらい。

山チン回収があり飛んだのは14時45分ごろ。アーベントのような条件で、Max800mで山沿いに燕-筑波-燕 と往復して、2回目の筑波トライすべくサル公園まで行ったところでサーマル終了。16時ランディング。飛んだ時間が時間だけに、浮いていられただけで満足。ひさびさに山沿いベタベタで飛びました。こういう条件でレースするのも結構楽しいです。

早く飛んだ人も、さすがに北東ベースでは山沿いからちょっと沖に出るぐらいの行動範囲だったようです。

1月5日:足尾

移動性高気圧の圏内、快晴。場の風は北から徐々に東に振ってくるが、風速はせいぜい10km/h程度。雲は日中の山沿いにぽつぽつ、平野はブルーで逆転層強い。寒気が少し入っていたようで、サーマルトップは1500m。

こういう日は山沿いしか上がらないのですが、二宮の丘の上までは雲があったので、ゴールデンレイクス-友部SA-NASAのタスクを組みました。今日のメンバーは私、Sぴー、Fみん、いっくん。
昨日に続いてしばし風待ちの後、12時10分に東にテイクオフ。最初は上がりが悪く、15分かかってようやく1000m越え、加波で何機か上げているのが見えたのでそちらへ移動し、12時30分1450m。燕でFみんが雲底につけているので、下に入るが上がらないのでそのままスタート。Fみんすぐに追いかける。いっくんは加波で雲底。Sぴーは少し後ろ。雨引で100mほど上げて、50号を渡り筑波学園GC(富谷山の西の丘)の雲に一直線。650mで到着し、すぐに良いサーマルに当たり、800mを越えたら+3.5m/sで一気に雲底1300m。ゴールデンレイクスを折り返してまた同じサーマルに戻る。再度雲底につけて、Fみんが上がってくるのを待つ。下にはSぴー、いっくんも渡ってきた。Fみんが50mほど下まで来た辺りで東へ渡る。富谷山で1300mまで上げ、高峰へ進んで1450m。ここでFみんと少し高度差がついてしまったが、Sぴーといっくんもやってきたし、ここは雲がなくステイするのが少し難しかったので先に失礼して南東方向へ。しかしグラウンドは上がる気配なし。笠間の南の山の北面にとっついて弱いリフトに構うが、結局上がらず。ここでFみんとSぴーがもう少し北寄りに揃ってグライドしてくるのが見える。やはり上がりそうな雰囲気がない。やはり南面しか可能性がなさそうなので、尾根を南に越えたところで、少しはましな雰囲気になった。とはいえ350mなので油断はならないが、5分ほど踏ん張っていたら上がれるサーマルが来て750mまで復活。しかし真っ直ぐ友部はとても無理。チャンスがあるとすれば難台山でどっぷり上げてからか。真家のパラは上がっていないので、そちらには寄らずに難台の山頂を見上げながら横をすり抜けて八郷盆地に滑り込む。難台山の山際は東風が吹き降ろし気味で斜面では上がらず、180mまで下がり、終わりと思ったところで弱いのを引っ掛け、750mまで回復。この時、板敷の上ではATOSが1機やたら上げているのが見えたので、北に向かって板敷TOの手前でヒットし、1350m。ふと下を見るとSぴーが回っている。笠間で復活して、吾国山と難台山の間の道祖神峠を低く越えてきたらしい。せっかくここまで戻ったので、もう一度友部を狙って難台に向かうが、まったく上がる気配なし。先程の上がりはコンバージェンス性のもののようだ。板敷に戻り今度は1400mまで上げて、燕からサル公園を回って15時ランディング。
Fみんは笠間、いっくんは笠間の手前から板敷までリターン。

今日は11時頃から上がっていたので、もう少し早く出るべきでした。それぐらい好条件の1日だったというのが正しいかも。この年末年始は過去最高の条件だったんじゃないでしょうか。

今日のフライト 54km


070105.jpg

1月4日:足尾 飛び初め

高気圧張り出してきて、北東が入りそうな天気図でしたが、実際は真北に近いような風、昼頃までは弱かったのですが、午後になって少し北北西の風が強まりました。
ハングTOはずっと西で、12時ごろに風が止んだ合間にぱらぱらと数機出ましたが、私が構えたらまた怪しくなってしまい、しばらく待って結局西へ。西側は逆転層が強くてどうかと思いましたが、運良く上がって八郷盆地側へ戻って1350m。そのまま筑波山へ行き、上からお参りしてランディングに戻ってきたら、北風とシンクが思いのほか強く、そのまま降りてしまいました。
まあ今日は無事に飛んで降りることが大事だったので良しとしましょう。


プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索