Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
17
18
19
20
23
24
25
26
27
28
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月28日:足尾

天気図的には高気圧後面でブルーの南風の日かと思っていましたが、何やら朝から良さそうな積雲が浮いています。グライダーをちょっと修理に出していたのでそれをとりに行ったりしてテイクオフに着いたのは11時半過ぎ。既にソアラブルな条件ですが、雲底は思ったより低そう、800-900mぐらいか。テイクオフは風が入らなかったりちょっとクローズになったりで30分以上出れない状況が続き、13時前にようやく再度ゲートオープン。まるで大会選手のような面子が次々と飛び出す。サル壁ですぐに+2-+3m/sに当たり、雲底へ。待っている間に条件は随分良くなったらしく、雲底は1150mもあった。今日はタスクは特に決めていなかったが、フレックスの若手は北へクロカンらしいので、とりあえず加波へ向かう。ストリートはそのまま北北西方向雨引から富谷山に続いているが、その先はブルーっぽい。これに平行するように北東方向には石切山脈から高峰-茂木方面へのラインがある。殆どの機体は雨引方面へグライドするが、私は1人えいっと北東のラインへ渡る。50号を越えたところで740mで雲の下につけて、+2m/sで雲底へ。そのままストリートをL/D35で北上し、一気に高峰の裏に到達。ここは雲底にはつかなかったものの1100m弱まで上げて、進路を北西に変針する。真北方向はオーバーキャスト気味で対流しているかどうか怪しそうだったのでやむを得ない。進路を迷ったが、北の雲が良さそうだったので、茂木変電所をターンポイントに決めて進む。500mぐらいまで下がったところで弱いのを引っ掛ける。
下にノスリ?が回っているので安心していたら、先にセンタリングをやめて北にグライドしていってしまった。ここは上がらないの?とちょっと不安になったところで普通に上がり始めてほっとする。980mまであがってようやく狙っていた雲の下に移動し、すぐに+2m/sで雲底につける。しかしこの辺の雲底は南より低くて1000mちょっとぐらいしかない。この辺の地面は南よりも湿っているようなので、その影響があるのかもしれない。13時57分変電所折り返し。先ほどのサーマルに戻り雲の切れ目で1100mまで上げて一番近い雨巻方面の雲に向かう。オーバーキャスト気味になっていたので低くなりすぎると厳しそうだな、と思っていたが雨巻山の4km北、670mでヒット、なぜか荒れ気味で上がりもそれほど良くないが、丁寧に追っていって最後は雲の横で1250mまで上げきる。そのまま高峰方向に雲伝いに走るが、3kmも行かないうちに雲が終わってしまい、その先はブルー。NASAまであと18km。海風が入っているのか東側の雲はあらかた消えてしまっているが、今日は富谷山から加波山にかけてのラインが終日しっかりしているようで、この時間(14時30分)でもまだ生きているように見える。ということで進路を南西に変針、富谷山に向けて真っ直ぐグライドする。途中の大気はとても静か。富谷山に大分近づくとようやく対流が感じられるようになり、山の上に差し掛かったところで弱いサーマルにヒット。ここもノスリかトンビがいっぱい下にも上にも飛んでいるので、何となく安心。時間も時間なので良くなっても+1m/s程度の上がりだが、雲底まで1150mまできっちりと上げきって雲沿いに南下。岩瀬でさらに100mほど上げ返してさあ次は筑波、と思ったが足尾山系はオーバーキャストですっかり日射がなくなっていてグライダーがピクリとも揺れない。ランディング周辺は日射があったので少し粘ってみたが上げ返すには至らず、そのままランディング。ちょうど2時間。56kmのO&Rでした。
久々に20km以上外に出てリターンできたような気がします。
条件的にはびっくりするほど良かった訳ではないけど、この時期のフライトとしては上出来でした。
他のメンバーでは、Sぴーは益子O&R、Y本さん今日は突っ込みすぎて烏山のあたりまで行ってしまい、益子までリターンが精一杯。フレックス組は最長が湯津上ぐらい、あとは烏山から益子のあたりにパラパラと降ったらしい。

来週の大会も、これぐらいの感じでタスクが組まれるのかな。

今日のフライト61km



061028.jpg

スポンサーサイト

10月22日:足尾

久々にぶっ飛びました。雷襲来の時に早めに降ろしたのを除けば今年初めて。今日のサーマルは昼まででおしまい。いつものペースで山に上がったら最早売り切れてました。朝の10時過ぎからサル公園のエリアはかなりゲインしていたのですが、ハングTOは風が南っぽくイマイチ出にくくて動き出しが遅くなり、本当に良い時間に間に合った人は少なかったみたいです。ちなみに日中どんどん渋くなるという予報は見事にスカイ情報どおりでした。

ところでTよたがコンバット新モデルの試乗?をしていましたが、1人抜群の浮きを見せつけていました。D門さんが再来週の大会で乗る機体らしいです。あれは、打ち負かすのはかなり大変そうです。いや、私は大会に出ないので他人事ですが。

10月21日:足尾

好条件と思っていたのに、朝起きたら曇り、なぜかほとんど曇りっぱなしの一日でした。11時まで晴れ間全くなし。それでも昼過ぎには少し日も差してきて、減率は良いのでそれなりの条件に。私は13時前に出て、1000mまで上がったら西に行くという取り決めもMax850mしかあがらず結局筑波山2往復。2回とも山頂はクリアできず。14時頃にはTO近辺はどん曇りになったので、少しでも明るくてましに見えるサル公園の南側から筑波山のあたりでシブーいリフトに構いながら北斜面の紅葉の上を観光モード。15時過ぎになってさすがに飽きてきたので降りました。
Y本さんは加波800mでわざわざ西にこぼれて、真壁で上げ返してから燕の北側を回りこんで帰ってくるなどという高度な遊びをやっておりました。

明日はもう寒気が抜けてかなり渋そう。

10月15日:足尾

昨日と打って変わってシブシブの日でした。気温22度でトップ800mの予想。実際の地上の最高気温は21度台、トップ800m。ぴったりです。あと2度ぐらい気温が上がれば1300mぐらいまで行きそうだったのですが、台風の影響で北東成分が強く、どうにも気温が上がりにくい条件だったのでまあしょうがないですね。
12時45分頃に出て、1時間ほど飛びました。サル公園タッチしただけで後半の30分はデコ山周辺でトップ400m以下で集団でうろうろしてましたが、最後は粘りきれませんでした。昨日回収していただいたFジタさんは久しぶりというのに、相変わらずの粘り強い飛びを見せて、終始人より高い位置をキープしていました。さすがです。
でも、Fジタさん今日も滑空場にいるはずだったのになあ。

10月14日:足尾

予報は曇りがち、でも減率は良いので気温次第では雲底1300mの予想でした。ただ東が強そうなので、足尾山系をベタベタ飛ぶか、それとも行きっぱなし覚悟で西へ発射するか、、10時頃は八郷盆地は曇りベースでしたが、そのうちハング、パラもトップは低いもののじわじわ上がって行くので、予想通り寒気の吸い上げはそこそこあるようです。そのうち盆地も結構晴れてきて、バカチョンの条件になってきました。12時頃にテイクオフ。すぐにサル壁で900mまで上がって、少し沖に雲が出来始めたのを見て探りに行ったら具合良く吸い上がってくれる。雲底につけるまで周囲の状況を見ていると、筑波山には雲底のしっかりした大きめの雲があるが、西に行こうとすると次の雲が遠い。北の方は、北東笠間方面はまだ曇り、北西岩瀬から西側は多少日射がある。積雲はそこそこ豊富に見えるが、生きているかどうかは怪しげ。結局どうするか結論が出ないまま雲底1150mについてしまったので、とりあえず雲底を伝って次の雲が飛んでくる北東方向へ。あまり落ちずに板敷の脇の小富士峰の上に1000mで到着し、ここの雲で1200m雲底。難台山の裏から高峰の前を通って益子方向に北西-南東のクラウドストリートが1本走っており、これに乗れれば一気に北上可能だが全体に曇っていてはたして上がるかどうか。難台の裏に延びる尾根沿いに雲の下まで探りに行くが、やはりリフトの気配は感じないので深追いせずにUターンし、そのまま燕につけてゆっくりと雲底1200mへ上げ返す。この間にまた、このまま西へ行くか、筑波方面へ南下するかひとしきり悩むが、北方向の積雲は生きていることを信じて北西にグライド開始。雨引の雲には振られたのでそのまま西の小山に向かう。東風の時はこの小山はなかなか良く上がる。今日も850mでヒット、雲底。今度は1250mを超える。西方向へ雲を試して蛇行しながら進むが良いのに当たらず結局下館の東まで来て850mから雲底。さて、ここから西は小山あたりまで全く日射がない。北も二宮から真岡の間はどん曇、晴れているのは南方向だがブルーな感じであまり良い雰囲気ではない。何か行き場がないなあ、としばし逡巡し、とりあえず下館駅をクリアして足尾リターンを試みることに決める。一旦一つ北の雲で雲底1300mまで返したあと、南下して下館の南東で1350m、さらに3km東に進んだところで1380m、しかしバリオの風表示は東アゲンスト17km/h、筑波山の東面に出れるところまでここからまだ9km、この先上がりそうな雲はない。この時点で13時30分。3kmほど進んでみたがやはり東面には届きそうにない。地表の煙も山のそばは全部吹き降ろして地表を這っている。まだチャンスはあるかもしれないので、ここは無理して突っ込まずにステイしつつ上がりそうな雲を探す。。。と言いながらもそこら中曇ってしまい、山のそばは浮いていられる状況ではなくなってしまい、やむなく小貝川まで戻ってコンバージェンスっぽい上げで上げなおし、また東を探りに行ってまただめで小貝川まで戻り、、徐々に北成分に流されてどんどん足尾が遠くなる。下妻のそばで上げ返していると、真壁から上がったモーターグライダーが下に入って来てずっと一緒にセンタリング、雲底につけたらモグラは真っ直ぐ滑空場に戻っていった。私ももうリターンはあきらめ、一応真壁のあたりまで北上するがいかんせん東が強すぎて雲もなく、とても山越えは出来そうにないので、すっかり終了モード。西LDには届きそうだったが滑空場をみたら何やらハングを積んだ車が止まっていたのでそのまま誘われるように滑空場に降ろす。
何とハング界重鎮?のTカノブさん、Fジタさんがグライダー体験に来ていたのでした。つい先ほど一緒にサーマルで上がったのはTカノブさんだったらしい。グライダーの運用終了後、FジタさんにNASAまで送っていただきました。

今日のフライト 53km 2時間40分

061014.jpg


10月9日:足尾

今日はいろいろとダメダメな日でした。
風は朝の内はまだ西が残ってましたが日中弱くなるのは分かっていたので、お昼ごろ出るつもりで上に上がってグライダー組み始めたら、カーブチップにクラック発見!うぉ、またか!!今のグライダーになってからかれこれ何本折ったことやら、と言うぐらいに折ってます。今年だけでも3本目か?しょうがないので、予備で1本置いていたやつを下から上げてもらうことにしたのですが、いろいろと行き違いがあってやっと受け取った時には既に13時30分過ぎ、、、(でもわざわざ上げていただいたI籐さんありがとうございました)第1陣が上がってから既に1時間経過しており、秋の午後はサーマルが終わるのも早いので、急いで準備して13:50ごろテイクオフ。しかし、この時間は既に渋ーくなっており結構な数の人が既にぶっ飛んでいて、私もジリジリと前に出て下がってしまい、また定番のように200mまで下がる。すぐそばにいたラミはそのままランディングへ向かう中、私はかなり弱いのをかろうじて引っ掛け、それも結局すんなりとはあがらずに1回乗り継いでやっと550mぐらいまで復活。上にはまだかなり高いパラがいるので、その下のサーマルを狙って移動するが、あまりあがらない。この時点で既に14時30分、サーマルが売り切れる前に早く上げなければというあせりから、上げきらずに良く見える隣のサーマルへ移動しては高度をロスというパターンに陥り、結局最後は上げ返すことができなくなって西にランディング。自分がよく陥りやすい最低のパターンにはまってしまいました。。。
ちなみに上がった人も皆ガンガン動ける程の条件ではなかったようだが、それでもN籐さん八郷3/4周したり、Y本氏はブルーな空に負けず下館-真岡と回ってきたらしい。今日の条件でこれはすごいな。(Y本さん、間違ってたら知らせてください)。そういえばVRはランディングで見なかったけど、どうしてたんだろう?


それにしても、こうもカーブチップがポキポキいってしまうのだけは何とかならんものか。。(と今日の不甲斐ない飛びは道具のせいにしておこう)

10月1日:足尾

朝方日差しがあったので取り合えずNASAに行ったものの、レーダーをみると既に雨雲が東京、埼玉あたりまでやってきている。この分だと13時ぐらいには足尾も雨ということで飛ぶかどうか少し迷ったが、何となくソアリングできるような気配もあったのでさくっと飛ぶことにして山に上がる。11時半にはソアリングする機体もあって少しは遊べそう。11時50分ごろテイクオフ、+0.2-0.3m/sぐらいの渋いリフトだが、大会のパラもリフトのマーカーになってくれるので高度を維持するのはそれほど大変ではない。20分ぐらい経ったころに沖でサーマルが立ち上がり、ようやく雲底780m。サル公園へ移動し、尾根の付け根の雲底につけたかったが、770mで打ち止め。筑波にアタックできないこともないが、そこまで頑張る日でもないので、おとなしく引き返し、高度を落とし過ぎないようにちょっとずつ上げ返しながら燕タッチ、折り返し再度サル公園まで、このあたりで急に雨が降ってきたので急いでランディング。パラは一斉に降りてきてパラランディング上空大混雑でした。
予想通り13時過ぎに雨雲到着でした。その後一旦小止みになったがその後は本降りになる。
結局先週今週と予報の割には土日は毎日飛べました。


プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。