Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
3
5
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
31
03


今週末は?

今の所土曜日は良さそうです。高気圧の中心が南寄りで関東上空はちょっと西風になりそうな予感なので、北上よりは日光チャレンジか、大トライアングル狙いかなぁ。本当は金曜日の方が良いかと思っていたのですが、ちょっと等圧線が混みすぎの予想図に変わってきてしまいました。しかし、この時期は予想図もめまぐるしく変わるので、はてさて明日にはどんな予報になっていることやら。

スポンサーサイト

3月25日:足尾 またしても。。。

高気圧ど真ん中、南風と共に北上する典型的なブルーコンディションのXCデーとなりました。ただ、上空の寒気は弱いので北に行くほど渋そう。足尾付近もブルーでなかなかブレイクしない雰囲気だったので、ゆっくりめに12時前にTO。加波で逆転層1550mまで上げて北上開始。この逆転層は都心からの空気が流れてきたのか、いつになく真っ黒でいつになく体に悪そう!さて、前方にはハング、パラともそこそこ先行していて条件は読みやすい。50号から茂木エリアは多少積雲が出ていて、ラインは仏頂方向と、雨巻から茂木変電所方向に比較的しっかり見え、高峰の北にも弱いながらも積雲がある。先行機は雨巻ルートの選択が多いが、このルート変電所から先がブルーでその先の展開が厳しいと読み、私は東側のより長いストリートを使えるところまで目一杯使って北上する作戦をとる。このルートは雲底も高く、ツインリンクの東で1900m、さらにそのまま北上して那珂川を越えたところで2050mまでと期待通り景気が良い。ここが最後の雲で、この先は渋いことを覚悟して馬頭までグライド。でもこれで先頭になったかな、と思ってセンタリングしながら周囲を見ると、雨巻ルートから那珂川沿いを飛んで来たはずのグライダーが、何機か既に3kmほど先に先行している。結局ブルーの中でもそこそこ条件は良く、迂回しない分だけ速かったらしい。この時前にいたのはN藤さん、あにき、Y本さんに板敷から出たG田さんで、しかし黒羽南東のゴルフ場でスタック。私はその手前で1100mまで上がったので彼らの上を越えて、その後も気まずい雰囲気の大気の中、渋いサーマル2発上げ返すがそこで力尽きて、過去にもランディングの覚えがある那須町芦野に撃沈。一方先のゴルフ場のピンチを生き残ったG田さんとあにきはその後もサーマルを繋ぎきってそれぞれ郡山と須賀川まで届く。大会での集団での移動ならともかく、今日の条件でほぼ単独フライトで白河越えは立派です。

それにしても、私にとって相変わらず黒羽-那須は鬼門です。かれこれ15回ぐらいは降りてるんじゃないでしょうか?おかげで、何キロだとあの集落かな、とかこの谷まで飛ぶと何キロとか結構詳しくなってしまっています。最近はこの辺に降りると、達成感よりはストレスが溜まります。うーん、何とか1本すっきりとしたフライトしたいですね。

今日のフライト距離 84km(足尾から80km)


060325.jpg

3月11日:足尾 

今日の関東は本州の南北にある2つの低気圧のちょうど真ん中の気圧の尾根に位置し、寒気はいないものの地上気温がかなり上がるので風次第ではそこそこの条件になりそうな感じでした。平野はいつものようにブルーですが、八郷から茂木にかけては対流性の積雲がいい感じで浮かんでいました。風は南寄りで、場所によっては吹き抜けている層があるものの、移動に苦労するほどには強まりませんでした。TOは西にも東にも出にくい感じで、一時はどっちにも同時に飛び出すタイミングまでありました。私も最初は西に構えたもののどうにも風がはいらず東に移動して、さらにひとしきり待った後13時過ぎにテイクオフ。
私のすぐ後に出たY本さんは瞬速で上げてどこかに消えてしまうが、私はまたしても300-400m近辺でのたうち回る羽目になり、今日こそはぶっ飛ぶ覚悟をしたがなんとか踏みとどまってようやく30分後に足尾山頂で雲底1400mに。あまり遠くに行く気分ではなかったのでとりあえず50号ぐらいまで行ってみるかと加波経由でいつもの仏頂方面へグライド開始。ラインに乗っていたので50号を越えた先まであまり落ちず、じゃあもうひとつ先の雲までと進んで行き、気がつくと仏頂を越えている。結局いつものルートと変わらない。ラインはさらに北に連なっているが、これ以上北に行く気はしないので、東に変針してこれまたいつもの飯田ダムへ。ここから笠間の上を通るダイレクトルートでリターン開始。南っぽいときにこのルートはこの辺りで一番活発なラインを形成することが多い。八郷が近づくにつれ南が強まる所もあるが、しっかり雲底まで上げ返して難台山の雲の下に入る。今日は難台からパープルにかけても、時間によってラインが強まったり弱まったりしながらも続いており、そのルートを辿ってパープルへ向かう。800mちょっとでクリアし、後はNASAまで10kmフォローでちょっと余裕のはずが、結構なシンクをくらって届くかどうか微妙な高度になってしまい、リスクとってもしょうがないので無難にモーパラにLD。

飛び始めの多少やる気を欠いた気分からみれば、ライン沿いに飛んでいたおかげで結構動くことができました。ま、最後はちゃんと集中して飛んでれば問題なく届いたと思いますが。。
他の人は、那珂川タッチして戻ってこれなかった人、先週の私のように何となく那須まで行ってしまった人、など。

今日のフライト 63km

060311.jpg

3月5日:足尾 何となくXC

朝のうちはおいしそうな雲がそこらじゅうにありましたが、気温があがるにつれて蒸発するように消えて行きました。風は思ったよりも南風が強くならず、そのかわりブルーサーマルであまり飛び易い条件とはいえませんでした。
12時少し前にTO、この時間はまだ八郷にはしっかりとした積雲があり、今日もリズム悪くもたもたしながら12:15N籐さんと共に加波で雲底に、1300で北上開始。仏頂方向と雨引方向の二手に雲が分かれるが、今日は雨引方向の雲を進んでみる。N籐さんは東の雲へ。50号を越えた辺りでようやく前方の視界が開けたが、TOから見えた二宮方向のストリートは見る影もなく、唯一茂木方面に頼りなげなラインが見える。富谷山の北東の雲についてさっきより高い雲底1400mまで上げ、北東に進路をとって茂木に入る。東ノ宮CCで1450m、この辺で引き返そうかどうか迷うが南方向の雲はどんどん崩壊しており、かと言って北もほぼブルーで行くも帰るもぱっとしない条件になってきた。ここで先行しているSぴーがさらに北上して行くのが視界に入り、1人で飛んで変な所に降りてもつまらないので付き合うことに。低くなったSぴーを追い越して那珂川ドッグレッグ西で本日最高の1600m弱、烏山で1100mぐらいをキープし、Sぴーが追いつくのを待ち、来たところで後を追いかける。この後はMax1000mぐらいでだらだらと後をついてゆき、黒羽で1300mまで抜けたところで集中力がきれて、あっさりとランディング。那須町伊王野。
Sぴーはこの後も粘りを見せたが、結局サーマルタイム終了で10kmほど先で力尽きる。
今日は全体に集中力を欠いてました。どうもブルーの日は気分の乗りが悪いようで。。。

今日のフライト 80km(足尾から75km)

060305.jpg

3月4日:足尾 東へ西へ

高気圧前面で上空に寒気が入っているとなれば相当な良い条件になると前の晩から期待していたのですが、いざテイクオフから見る空は山沿いは雲が連なれど平野はどこもかしこもブルー、西方面はなかなか難しそう。しかし、対流は朝から活発で8時からパラがソアリングしているぐらいだったので、フライト範囲を間違えなければ基本的にはバカチョンのはず。タスク設定はとりあえず飯田ダムから那珂川目指して烏山-鬼怒川の条件の良い空域を飛びつなぎ、行けそうならスカイパーク宇都宮のある古賀志山経由で自衛隊管制空域を回り込むようにできるだけ帰るという、かなり大げさなものに。ちなみに今日のメンバーはN籐さん、Y本さんとSぴー。
12時前に皆連なるようにTO、私は前に出てもたもたしている間にN籐、Y本号はさっさと上げ切って北へ移動。私も5分遅れぐらいで加波1600mで出発(12:10)。今日はパラもクロカン狙いなのか何機か先行している。N籐さんは鋭い飛びであっという間に飯田ダムクリア、Y本さんには一回仏頂東のサーマルで追いついたのに、その後のスマートなルートどりであっという間に離される。この2人は今日は調子良いなあ。あるいは自分が乗れてないのか?????私は飯田ダム(12:37)とった後もなかなか上げきれずもたもたしている間に2人との間は一時期 5km 以上も開いてしまう。
さて、那珂川方面は雲が崩壊してほとんどブルーに近く、行ったらスタック確実なのでここはスキップして茂木の雲を伝って宇都宮方面に向かう。鶏足山の西の雲で先行していた2人にやっと追いつき、さらに西の高圧線上空の雲で 1900m 雲底へ(13:03)。ここから先の平野は相変わらずブルーだが、意を決して北西へグライド開始。15km殆ど何もなく、ホンダに差し掛かったところ650mでようやく上がりそうな雰囲気を感じる。ステイしてればそのうち抜けるかもと思ってしばらく粘るが結局立ち上がらず、さらに3kmほど北西に流して、400mをきった所でようやく上がれそうな雰囲気のリフトを引っ掛ける。ここで1300mまで上げ返し(13:37)、再度合流したY本さんとともにさらに西側の山並の上にある雲を目指す。宇都宮駐屯地の管制空域とのクリアランスに注意しながら羽黒山南西の高舘山で雲底1900m(14:10)、そこから南西にグライドしてスカイパーク宇都宮に1000mちょっとで到着、しかし行ったタイミングではあまり上がらず、粘っていても地元のパラの迷惑になるだけなので長居せずにさらに鹿沼の西を回るように南下。次のサーマルで雲底1700mぐらい?まで上げきったY本さんとはぐれ(14:40)、ここで上げきれなかった私は何度も低くなりながらも思川沿いに南東方向意外と距離が伸びて最後は国分寺町にランディング(15:47)。足尾西LDまで28kmショート。Y本さんはそのままさらに南下して栃木IC付近に降りたらしい。
平野部は最後までブルーで、また後半は高気圧が張り出してきたようで対流が全体に弱めになってしまいましたが、本日の目標の古賀志に到達できたので良いフライトでした。
でも最後までY本さんにはやられっぱなしでした。

本日のフライト 108km

今年初の100km越えとなりました。

060304.jpg

 

TransJapan

ご存知の方もいると思いますが、この春にモーターグライダーで鹿児島から北海道までの日本縦断飛行プロジェクト"TransJapan"が実施されます。以外にも初めての試みということでどうなるのか興味深いのですが、このオフィシャルページ内に昨年セスナ?で調査飛行を行った記事が載っています。その中で、氏家さんの日本記録213kmについても振れられていている一節があり、セールプレーン界でもこの記録の認知度は高そうだということを実感したのでした。ちなみにプロジェクトでの中国山地の飛行経路は"男道"よりもさらに北側を通って敦賀に抜けるらしいです。私は飛んだことがないので分からないのですが、このルートどりって参考になるのでしょうか??


プロフィール

kosaka

Author:kosaka

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索