FC2ブログ

Silver lining

ハンググライダーのフライトログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


New European Paragliding Champion はイギリスの19歳

https://airtribune.com/europg2018/results/task3531/comp/overall
28日までポルトガルで開催されていたパラのユーロで弱冠19歳のイギリス人パイロット Theo Warden が並みいる強者達を抑えて優勝、若きチャンピオンが誕生しました!
コンペデビューは確か去年で、ギリギリで滑り込んだ初めてのワールドカップのスーパーファイナルで10位台にくい込み、勢いあるなあとは感じてたけど、その後大会に出まくっていた訳でも無く、これほど早くトップに立つとはビックリです。
しばらくはフランスの Honorin の時代かと思ったけど、このまま Theo が突き抜けていったら面白いなあ。
このビデオに彼のインタビューがあります。
https://youtu.be/v3pQIs5PAuI

スポンサーサイト

2018/7/10 Devils Dyke

20180710.png

ホームエリアの Devils Dyke から今年始めてのまともなアウトアンドリターン。
本来WNW-NNW のエリアだが、400mほど歩くとNNE の風でもテイクオフできるポイントがある。

この日はそんな風で、風速は22km/hほど吹いていたが対流自体は活発だったので、早めの10:45 にテイクオフして、えっちらおっちらといつものように西に向かう。50kmをちょっと越えて Petersfield の北に進んだあたりで完全に雲が無くなり、さらに20kmほど先に見える煙が逆転層に抑え込まれているのが確認できたのでこれ以上進むのは無謀と判断して折り返す。いつもなら西っぽい風に乗ってラクラク帰れるのだが、今日は東っぽいのでかなり勝手が違って、行きと同じくらい苦労した。
風下側に閉じ込められそうになったが運良く脱出のタイミングがやってきて無事帰還。
大した距離ではないのに6時間もかかってしまった。やっぱり風が強めだと大変。
O&R 107km。

2018/07/15 Sutton Meadows 171km FAI Triangle

20180715.png


先週でチャレンジは終了かと思ってたら、またまた良さそうな条件の日がやってきたので 200km の道のりをドライブして2週連続でケンブリッジに。ここは本当にイギリスなのか?
予報は雲底2000m、風はSW 10-15km/h、先週よりも雲底高め、風弱め、但し雲も少なめ。
今日はまず57km北西に行き、63km南下し、51kmの北東に戻る171kmのトライアングルタスクを設定。

先週より1時間早い12時過ぎにテイクオフ。サーマルはそんなに強くないものの順調に上がってなんと1750m。これは期待できそう。12時35分にスタートし、順調に雲を乗り継いで最高 2000m で Peterborough を越え、一気に第1ターンポイント15km手前まで進む。ここから先がちょっと渋くて雲も少なく、ギアチェンジして慎重に高度を稼いでからターンポイントをゲット、14:22。
さて、アゲンストの第2レグは雲間が広くやや心細いが、周期的に小さいパフができるのを観察しながらその下に入るとコンスタントにリフトがあり、予定よりも速いペースで南下していく。コースよりもやや西よりが積雲エリアなのでそちらのルートを進み、一度ひどいシンクの中を突っ切って高度を下げた以外は1000m以上をずっとキープし、第2ターンポイントを16:52 通過。最終レグはそんなに雲がないが、折り返してすぐにサーマルヒットで1850m、次の雲で2100m 越えと極めて順調に進む。その後サーマル3つでちょっとずつ上げて、20km手前、1700mからファイナルグライド。17:58にゴール。

予定よりも時間が早かったので上げ直して東方向にもう少し距離を伸ばしたかったが、パドック周辺はブルーホールでリフトが無かった。最初から東に行くつもりならもう少し南寄りのルートは雲が連なっていたので、あと1時間飛んで200kmは行けたかもしれない。
終わってみれば高度を下げすぎる場面は一度もなく、極めて順調なフライトだった。

UKのトライアングル、宣言、フリーいずれも記録を更新(これまでのフリーの記録は166km、宣言は3週間前の自身の152km)。

そしてクロカンリーグでは史上初の500点越えを達成
今年の総合もトップに浮上。でもこれは多分抜かれるだろうな。

最近の天気が例外的に良かったというのもあるが、ケンブリッジのポテンシャル、恐るべし。

2018/07/07 Sutton Meadows 168km FAI triangle 失敗

20180707.png

前回150km飛んだ時よりも良さそうなコンディションがやってきたのでまたまたケンブリッジまでドライブ。
当日の予報は風はWNWのちNNW10-15km/h、雲底1800m。
150km の時とは逆の西側の空域に168km のタスクを設定する。
第1、第2レグともサイドアゲンストで、時間の遅い最終レグはフォローで帰り着くプラン。

早くスタートしたかったがトライクの準備など諸々で前回より少し遅い13時過ぎに2番めに曳航開始。タイミングが悪かったのか上げるのにかなり手こずり、ようやく13:45にスタートする。この出遅れが結果的に響いた。
まずは南西方向へ、15kmほども進んだら急に条件が良くなり、割とコンスタントに +3m/s で雲底1600mまで上がる。25km地点で幅10kmほどのブルーホールに突入するもサーマルは悪くない感じで次の積雲エリアに渡りきり、第1ターンポイントクリア(50km)。条件は良いが向かい風で時間を食って既に15:45。厳しいなあ。

第2レグはさらに向かい風だが、雲底が1800-2000mまで上がって結果第1レグよりちょっと速いくらいのペースで進む。これは行ける?と思ったが第2ターンポイント12km手前から雲がなく、強引に突っ込んだらひたすらシンク、丘陵地帯でちょっと低くなり気まずくなって、対地高度が取れる方向に少しずらしたら対地300m切ったところでようやくシンクが止まった。ここから上げ直したサーマルは、これまで見たことがないレベルの大量の藁が舞っていてシュールな感じ。まあサーマルはわかり易かったけれど。

20分かけてやっと1800mまで上げて第2ターンポイントゲット、残り67km。時間は既に17:40。かなりギリギリだ。

15kmグライドして次の雲に650mで着いたが、サーマル弱い。右往左往しながらコアを探し続けて、ようやく1850mまで上がるも25分かかった。
次の雲は10km先、ここはまだ活発で気持ちよく1900m。しかし少し先にやや雲底の低いボロボロの雲がある。海風が侵入しているかのような雰囲気。頭の中で???でいっぱいになりながらその雲の下を試すも何もなく、でも同じような雲の列が南東方向に延びている。ここでこの列の南側に出るべきだったが、ゴールのパドックの風下に流れるのを嫌って北側を進んでしまった。結果、やはり海風が北東から吹き込んでおり、一旦捕まってしまったらもはや為す術なく15km手前に沈。しかも海風に気をとられている間に近くのエアスペースを忘れてしまい、うっかりかすめてしまうという痛恨のミス。同じ空域を1時間前に飛んだパイロットは海風前線に乗ってなんなくパドックに帰還できたらしい。
自分の判断の悪さにがっかりした1本。
153km, 5h51m。


2018/06/24 Sutton Meadows (Cambridge), 155km FAI Triangle, 150km declared

180624_CAC.png

今年は飛ぶにはさっぱりの天気だけど、夏至を過ぎたばかりの週末が珍しく好天となり、風も弱そうなのでケンブリッジのエアロトークラブに遠征してきた。
23日土曜日は1人目が順調に上がって2番めに自分の番だったが、スタートして20メートルでトライクにトラブルが発生してストップ。結局その日のフライトは無しとなり、それでも修理はなんとか間に合ってチェックフライトまで終えて次の日は飛べそう。
その夜、ホームエリアのDevils Dyke は海風前線乗り放題の好条件だったというレポートを見てがっかり。わざわざ飛べない選択肢を選ぶとは流れが良くない。。

開けて24日、天気予報は曇だったが、高層は少し雲が残るものの晴天で良い方に外れた。RASP の予報は東側のエリアが良さそうなので、2日前に用意していた、北東に行って、南下して、北西に戻る150kmトライアングルタスクを宣言。昼頃には北東方向30-40km離れたエリアに積雲が見え始めるが、飛行場周辺は完全にブルーで渋そう。弱いけど風もアゲンストだし、どうみても最初のレグが1番厳しい。
12:47に1番で上げてもらう。サーマルはあるが上がって1000mちょっと、厳しい。
とりあえず13:07スタートするが、上がらないし、シンクは強いし、心折れそうになる。
辺りは全面農業地帯なので開いてるフィールドも少なくて、あまり適当なルートも選べない。日本で田んぼの時期にクロカンに行くのに似てる?
最初の1時間で15kmしか進めず、既に諦めモードが脳内に蔓延しつつも、積雲のエリアまではたどり着きたいなあという思いでコマを進める。14:50 30km地点でようやく最初のパフの下に入ると共に1300mを越えるようになり、少し安心。
15:30 ようやく最初のターンポイント47kmをクリア、あと100kmちょっと。時間的に厳しそうなのでこのまま引き返すか?という考えが頭をよぎるが、次のターンポイント方向にはクラウドストリートが連なっているのでスピードが上がることを期待して初志貫徹決定。
この頃には雲底も1500−1600mまで上がってグライドが楽になってきた。
90km付近でストリートの選択を間違えて低くなるが、渋いリフトで乗り切って16:56 105km 地点のターンポイントを通過。だいぶ盛り返したか?
スタート/ゴールの北西方向は依然ほぼブルーなので、南下してきたクラウドストリートをできるだけ北上し、 18:00 ゴールに最も近づいた辺り、残り29kmで雲底1650mからブルーのエリアに突っ込む。小さな積雲の下で1300mまで戻し、15km手前の Ely の街の上で950mまで、街の西端11km手前で1200m まで上がってようやくゴールを確信。
18:40フィニッシュ。

フリーFAIトライアングル156km、宣言152.8km、シリンダー分の距離を引いて150.4km。
フリーは過去3番目?宣言してフィニッシュしたトライアングルとしてはUK新記録、のはず。
UKのXCリーグでは過去最高得点
こういうフライトが一本できて、これで後半も乗り切れるかな。

IMG_20180624_072413_small.jpg

IMG_20180624_205700.jpg



プロフィール

kosaka

Author:kosaka

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索